慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
2017000001-20170248  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
2017000001-20170248.pdf
Type :application/pdf Download
Size :115.0 KB
Last updated :Feb 21, 2019
Downloads : 98

Total downloads since Feb 21, 2019 : 98
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル 超流動ヘリウム中の常流体の数値シミュレーション  
カナ チョウリュウドウ ヘリウムチュウ ノ ジョウリュウタイ ノ スウチ シミュレーション  
ローマ字 Chōryūdō heriumuchū no jōryūtai no sūchi shimyurēshon  
別タイトル
名前 Numerical simulation of normal fluid in superfluid helium  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 小林, 宏充  
カナ コバヤシ, ヒロミチ  
ローマ字 Kobayashi, Hiromichi  
所属 慶應義塾大学法学部教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク  
 
出版地
 
出版者
名前 慶應義塾大学  
カナ ケイオウ ギジュク ダイガク  
ローマ字 Keiō gijuku daigaku  
日付
出版年(from:yyyy) 2018  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 学事振興資金研究成果実績報告書  
翻訳  
 
 
2017  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
ヘリウムは極低温では, 粘性がゼロの超流体と粘性を担う常流体の2流体からなる超流動ヘリウムとしてモデル化されることが実験的に示されている。矩形ダクトに超流動ヘリウムを満たし, 一方を熱すると, 常流体は熱した方から他方へ流れ, 超流体は逆方向へ流れる熱カウンター流が1940年代から実験されてきた。最近, 常流体の速度分布の可視化が可能になり, 遅い流速で通常見られる放物形のポアズイユ流から中央は盛り上がるが壁近くは平坦なtail-flattened流と呼ばれる流れに変化することが明らかになった。
その現象を数値計算で解明するために, これまでは, 常流体の速度分布はポアズイユ流分布や一様な分布と固定した状態で, 超流体中の渦糸が毛玉のような状態になる量子タングル状態, すなわち量子乱流現象のみが検討されてきていた。しかしながら, 最近の可視化実験で明らかになったように, 常流体の速度分布が通常では見られないtail-flattened分布になることがわかった。そこで, 常流体の運動も固定することなく, 相互摩擦力を介して流れ場が変化する2流体カップリングの計算が必要であることが明らかになった。
本研究の目的は, 極低温で実現する超流動ヘリウム中の量子乱流と相互作用する常流体の速度分布を数値シミュレーションによって明らかにすることである。
本研究では, 点渦の動きを計算する量子乱流の計算と固定された座標系で流体の変化を計算する常流体の計算の同時カップリング解法を開発した。その結果, 超流体の速度が増加し, 量子乱流の状態になると, 強い相互作用力によって常流体の速度分布が平坦化することが初めて明らかにできた。その結果は, 可視化実験でみられる現象を良く再現していることがわかった。
It has been experimentally shown that helium is modeled as superfluid helium consisting of two fluids, namely, a superfluid with zero viscosity and a normal fluid with viscosity, at cryogenic temperatures. When a rectangular duct is filled with superfluid helium and one side of the rectangular duct is heated, the normal fluid flows from the heated side to the other side, and the superfluid flows in the reverse direction. Such a flow is termed as the thermal counter flow and has been experimented in the 1940's. Recently, it became possible to visualize the velocity distribution of the normal fluid, and it turns out that unlike the parabolic Poiseuille flow normally seen at a slow flow rate, the flow became the so-called tail-flattened flow, namely, the central part rises but the near-wall part is flattened.
In order to elucidate the phenomenon by numerical simulation, so far, only vortex tangle state of the superfluid, that is, quantum turbulence phenomenon has been studied when the velocity distribution of the normal fluid is fixed with Poiseuille flow distribution or uniform distribution. However, as clarified in recent visualized experiments, it was found that the velocity distribution of the normal fluid becomes the tail-flattened distribution that is not normally observed. Therefore, it was revealed that it is necessary to calculate the two fluid coupling in which the flow field varies through a mutual friction without fixing the movement of the normal fluid.
The purpose of this research is to clarify the velocity distribution of a normal fluid interacting with quantum turbulence in superfluid helium realized at cryogenic temperature by numerical simulation.
In this study, we developed a simultaneous coupling solution for computation of quantum turbulence to calculate the movement of a point vortex and computation of a fluid in a fixed coordinate system. As a result, it was found for the first time that the velocity distribution of the normal fluid is flattened by the strong interaction when the velocity of the superfluid increases and becomes the state of quantum turbulence. The results clearly reproduce phenomena seen in visualized experiments.
 
目次

 
キーワード
 
NDC
 
注記

 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Feb 21, 2019 16:06:21  
作成日
Feb 21, 2019 16:06:21  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Feb 21, 2019    インデックス を変更
 
インデックス
/ Public / 塾内助成報告書 / 学事振興資金研究成果実績報告書 / 2017年度
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 Human body pose ... (311) 1st
2位 新自由主義に抗す... (289)
3位 DAOの法的地位と... (271)
4位 「余白的コミュニ... (266)
5位 個人・組織両面で... (258)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 人と違っててもい... (3141) 1st
2位 気象変化による片... (588)
3位 なぜ神が存在する... (578)
4位 サイバーセキュリ... (496)
5位 インフルエンサー... (313)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース