慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
2017000001-20170188  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
2017000001-20170188.pdf
Type :application/pdf Download
Size :123.0 KB
Last updated :Feb 21, 2019
Downloads : 239

Total downloads since Feb 21, 2019 : 239
 
タイトル
タイトル SLE患者におけるアザチオプリンの治療効果・副作用とNUDT15遺伝子変異との関係  
カナ SLE カンジャ ニ オケル アザチオプリン ノ チリョウ コウカ・フクサヨウ ト NUDT15 イデンシ ヘンイ トノ カンケイ  
ローマ字 SLE kanja ni okeru azachiopurin no chiryō kōka fukusayō to NUDT15 idenshi hen'i tono kankei  
別タイトル
名前 Relationship between therapeutic effect/side effect of azathioprine in SLE patients and NUDT15 gene mutation  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 青森, 達  
カナ アオモリ, トオル  
ローマ字 Aomori, Toru  
所属 慶應義塾大学薬学部准教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク  
Publisher  
出版地
 
出版者
名前 慶應義塾大学  
カナ ケイオウ ギジュク ダイガク  
ローマ字 Keiō gijuku daigaku  
日付
出版年(from:yyyy) 2018  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 学事振興資金研究成果実績報告書  
翻訳  
 
 
2017  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
 
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
アザチオプリン(AZA)は経口投与されたあと細胞内に取り込まれ, 種々のプリン代謝酵素により代謝されて活性の本体である6-thioguanine nucleotides(6-TGNs)へと変換される。この経路に関与する酵素の一つであるnucleoside diphosphate-linked moiety X motif 15(NUDT15)の遺伝子変異を有する患者においてAZAによる副作用頻度の増加が報告されている。一方でこの変異を有する場合には, より少ない投与量で十分な治療効果が得られる可能性があるが, これまでに十分な調査はされていない。
本研究の目的は, 日本人全身性エリテマトーデス(SLE)患者を対象に NUDT15遺伝子型と疾患活動性および副作用との関連を調べ, この変異がAZAによる薬物治療にどのような影響をあたえるか明らかにすることである。このために本研究は, NUDT15およびAZAの代謝に関与する他の酵素(thiopurine S-methyl-transferase ; TPMT, inosine triphosphatase ; ITPA, glutathione S-transferase ; GST) の遺伝子多型解析, AZAの活性体・中間代謝物の細胞内濃度を網羅的に測定する計画で実施した。
本研究は2年の研究期間を予定しており, 2017年度はその1年目である。本研究は医学部リウマチ内科と共同で行う臨床研究であるため, 医学部研究倫理委員会(承認番号 : 20170004), 薬学部人を対象とする研究倫理委員会(承認番号 : 承171208-1)の承認を得た。2018年1月から対象患者のエントリーを開始している。またこれと並行して, HPLC による AZA 代謝物の血球細胞内濃度測定法の検討を行った。これまでに6種類のAZA代謝物を同時に定量するためのHPLC諸条件および前処理法を概ね確立することができ, 今後バリデーションをとって完成とする予定である。遺伝子多型解析が手技的に可能であることも確認した。定量法の完成次第, 対象者から血液検体を取得し, 薬物濃度測定, 遺伝子解析, 疾患活動性等の診療情報の収集を行う。
Azathioprine (AZA) is taken into cells after oral administration, it is metabolized by various purine metabolizing enzymes and converted into 6-thioguanine nucleotides (6-TGNs) which is the main active metabolite. An increase in the frequency of adverse reactions by AZA has been reported in patients with genetic mutations in nucleoside diphosphate-linked moiety X motif 15 (NUDT 15), one of the enzymes involved in this pathway. On the other hand, in patients with this mutation, there are a possibility that a sufficient therapeutic effect can be obtained with a smaller dosage. However, it is not investigated.
The purpose of this study is to investigate the relationship between NUDT 15 genotype and disease activity and side effects in Japanese patients with systemic lupus erythematosus (SLE). For this purpose, this research aims to analyze genetic polymorphism of NUDT15 and other enzymes involved in the metabolism of AZA (thiopurine S-methyl-transferase; TPMT, inosine triphosphatase ; ITPA, glutathione S-transferase ; GST), and to comprehensively measure the intracellular concentration of AZA metabolite.
This research is scheduled for two-year research period, and 2017 is the first year. Since this study is a clinical study collaborated with Keio University School of Medicine, it was approved by the Research Ethics Committee of the School of Medicine and the Faculty of Pharmacy. Entry of patient has been started from January 2018. In addition to this, I tried to develop the measurement method of AZA and metabolite in blood cells by HPLC. It is possible to establish roughly the HPLC conditions and pretreatment method for simultaneously quantitating 6 metabolites at the same time, and I plan to complete the validation in the near future. It was also confirmed that genetic analysis could be performed. Upon completion of the quantification method, blood samples and clinical information will be collected.
 
目次

 
キーワード
 
NDC
 
注記

 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
 
本文URI
 
アクセス条件

 
最終更新日
Feb 21, 2019 13:16:05  
作成日
Feb 21, 2019 13:16:05  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Feb 21, 2019    インデックス を変更
 
インデックス
/ Public / 塾内助成報告書 / 学事振興資金研究成果実績報告書 / 2017年度
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 石垣島の「エコツ... (1010) 1st
2位 アイドル文化にお... (463)
3位 ジャニーズのアイ... (432)
4位 新自由主義に抗す... (396)
5位 ASMRに基づく身体... (391)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 国内排出権取引市... (4185) 1st
2位 仮想通貨交換業者... (3272)
3位 第2帰納定理の応... (2620)
4位 The Syntactic Bu... (2553)
5位 カール大帝による... (2261)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース