慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
2017000001-20170169  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
2017000001-20170169.pdf
Type :application/pdf Download
Size :129.5 KB
Last updated :Feb 21, 2019
Downloads : 520

Total downloads since Feb 21, 2019 : 520
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル 近世仏教の救済思想に関する宗教社会史的研究  
カナ キンセイ ブッキョウ ノ キュウサイ シソウ ニ カンスル シュウキョウ シャカイシテキ ケンキュウ  
ローマ字 Kinsei Bukkyō no kyūsai shisō ni kansuru shūkyō shakaishiteki kenkyū  
別タイトル
名前 Religious social history on salvation thoughts of early modern Japan Buddhism  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 上野, 大輔  
カナ ウエノ, ダイスケ  
ローマ字 Ueno, Daisuke  
所属 慶應義塾大学文学部准教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク  
 
出版地
 
出版者
名前 慶應義塾大学  
カナ ケイオウ ギジュク ダイガク  
ローマ字 Keiō gijuku daigaku  
日付
出版年(from:yyyy) 2018  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 学事振興資金研究成果実績報告書  
翻訳  
 
 
2017  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
2年目の本年度は, 上記の研究課題のもと, 関連図書を購入すると共に国内出張を実施した。研究上の必要から出張先を変更した以外には, ほぼ当初の予定通りに予算を執行した。以下, 本年度公にした成果について述べたい。
まず, 慶應義塾大学2017年度山本敏夫記念文学部基金講座「宗教と社会」が浅見雅一文学部教授のコーディネートのもと「キリスト教と寛容 : 16・17世紀の日本」と題して実施されたが, その一環として2017年4月14日と7月14日に慶應義塾大学で「「寛容」をめぐる政権と仏教勢力」と題して講演した。その中で, 世界に貫徹し自己にも内在する「心」が仏であると知ることを成仏と見なす, 禅宗の思想(禅心学)に論及した。
次に, 4月16日に京都大学で開催された日本史研究会例会において「近世前期における通俗道徳と禅心学」と題して報告し, それを論文化して『日本史研究』第663号に掲載頂いた。この報告・論文でも禅宗の思想に注目し, 民衆の通俗道徳との関連を追究した。それによって, 安丸良夫の民衆思想論を見直す新たな知見を提起できたと考える。
一方, 11月18日には龍谷大学で開催された2017年度仏教史学会学術大会で「近世後期真宗学僧の国家祈禱論」と題して報告した。本報告は, 真宗学僧が幕藩領主に対し, 独自の救済思想に基づいて祈禱を説明したことを示したものである。真宗は祈禱をしないという見方を再検討するものでもある。
また, 2018年3月14日に大本山増上寺境内の浄土宗総合研究所で開催された所内勉強会において, 「近世の大日比浦と浄土宗」と題して講義した。本講義では, 長門国大津郡大日比浦の地域的特性を踏まえ, 同地で興隆した浄土宗の救済信仰などについて論じた。
以上のように, 講演・学会発表・論文作成などを, 概ね順調に行うことができた。学会発表時などの討論も, 有意義なものであった。今後も取り組みを継続し, 知見を発信してゆきたい。
This fiscal year, I purchased books related to the research subject and carried out research trips. Apart from having changed my trip destinations, I almost spent my budget as planned.
In addition, I made lectures, presented conferences, and wrote academic papers. Discussions at conference presentations were meaningful. Especially I focused on Zen Spiritualism and Pure Land Buddhism.
I would like to continue this research project and disseminate new findings.
 
目次

 
キーワード
 
NDC
 
注記

 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Feb 21, 2019 13:16:03  
作成日
Feb 21, 2019 13:16:03  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Feb 21, 2019    インデックス を変更
 
インデックス
/ Public / 塾内助成報告書 / 学事振興資金研究成果実績報告書 / 2017年度
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 二〇二三年度三田... (757) 1st
2位 出生率及び教育投... (678)
3位 『うつほ物語』俊... (459)
4位 新自由主義に抗す... (405)
5位 731部隊と細菌戦 ... (335)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 Predicting crypt... (2453) 1st
2位 家族主義と個人主... (1831)
3位 731部隊と細菌戦 ... (716)
4位 猫オルガンとはな... (490)
5位 新参ファンと古参... (430)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース