慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
2017000001-20170133  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
2017000001-20170133.pdf
Type :application/pdf Download
Size :127.8 KB
Last updated :Jul 31, 2019
Downloads : 272

Total downloads since Jul 31, 2019 : 272
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル 近世スペイン神学思想がドイツ哲学に及ぼした影響に関する倫理学的研究  
カナ キンセイ スペイン シンガク シソウ ガ ドイツ テツガク ニ オヨボシタ エイキョウ ニ カンスル リンリガクテキ ケンキュウ  
ローマ字 Kinsei Supein shingaku shisō ga Doitsu tetsugaku ni oyoboshita eikyō ni kansuru rinrigakuteki kenkyū  
別タイトル
名前 A study of the influence of Spain mysticism on early modern German philosophy  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 山内, 志朗  
カナ ヤマウチ, シロウ  
ローマ字 Yamauchi, Shiro  
所属 慶應義塾大学文学部教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク  
 
出版地
 
出版者
名前 慶應義塾大学  
カナ ケイオウ ギジュク ダイガク  
ローマ字 Keiō gijuku daigaku  
日付
出版年(from:yyyy) 2018  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 学事振興資金研究成果実績報告書  
翻訳  
 
 
2017  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
中世末期の14世紀以降, エックハルトを中心とするドイツ神秘主義思想は, フランドル地方, 北方ドイツを中心として大きな影響力を及ぼした。そういった神秘主義は, 都市における手工業職人を中心とする新興市民に受容され, 16世紀の宗教改革につながる潮流を育てていった。そこでの思想的特徴は, 神との神秘的一体化を目指すという瞑想中心の非活動的なものとして捉えられがちだが, 実際には, ローマカトリック教会の管理宗教の桎梏を脱し, 自分たちで聖書を読み, 神と内面において一体化し, 同時に日常生活においては勤労に励むという, 外面においては活動的な信仰形態であった。13世紀以降, 技術, 商業, 工業, 貿易, 金融などの面において, 様々な革新が生じ, 近代につながる胎動が開始するが, 13世紀以降の神学思想は, 営利活動の肯定, 世俗的活動への専心, 自由の強調, 個人の重視など, 近代の思想の起源となる発想を様々に生み出している。フランシスコ会の清貧思想が勤勉に結びつくパラドックスを抱えていたように, 神秘主義もまた, 内面への沈潜ばかりでなく, 積極的な活動を推し進めるというパラドックスを抱えていた。今年度は, 3冊の単著, 1冊の編著などを発表した。直接関連するのは, 編著である『光の形而上学』(慶應義塾大学出版会)。言語文化研究所における山内が代表となったプロジェクトの研究成果を論文集としてまとめたものである。他にも『湯殿山の哲学』(ぷねうま舎), 『目的なき人生を生きる』(角川新書)などを刊行したが, 中世の神秘主義の系譜をたどり, 現代や日本の思想との比較を試みたものである。
In this research, I tried to make clear the impact of the mysticism which originated from medieval German theologian, Meister Eckhart. His mysticism had a considerable influence on modern philosophy as well as Martin Luther's theological thought. Mysiticism in medieval period was never meditative and inactive, but industrious and energetic. Medieval followers of Eckhart were almost beguines and beghards (Free Spiriti Heresy in early fourteenth century) . They were the common people and eager to find the new moral which supported profit-making activities. Late-medieval nominalism represented , in some respect, this new tendenciy. Mysticism, had much to do with this ethos. In this year, I published three books, which are closely related with aforementioned topics, and made clear these themes.
 
目次

 
キーワード
 
NDC
 
注記

 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Jul 31, 2019 15:33:14  
作成日
Feb 21, 2019 13:16:03  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Feb 21, 2019    インデックス を変更
Jul 31, 2019    著者,上位タイトル 名前,抄録 内容 を変更
 
インデックス
/ Public / 塾内助成報告書 / 学事振興資金研究成果実績報告書 / 2017年度
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 ネットワークにつ... (478) 1st
2位 なぜ日本ユニテリ... (452)
3位 ドイツのSNS対策... (423)
4位 慶應義塾大学薬学... (400)
5位 新自由主義に抗す... (389)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 慶應義塾大学薬学... (802) 1st
2位 独ソ不可侵条約と... (633)
3位 ドイツのSNS対策... (580)
4位 インフルエンサー... (465)
5位 アセトアニリドの... (454)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース