慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
2017000001-20170105  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
2017000001-20170105.pdf
Type :application/pdf Download
Size :137.1 KB
Last updated :Jul 30, 2019
Downloads : 199

Total downloads since Jul 30, 2019 : 199
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル 感覚反転環境を用いた人間の多感覚統合脳機能の解明  
カナ カンカク ハンテン カンキョウ オ モチイタ ニンゲン ノ タカンカク トウゴウ ノウ キノウ ノ カイメイ  
ローマ字 Kankaku hanten kankyō o mochiita ningen no takankaku tōgō nō kinō no kaimei  
別タイトル
名前 Clarification of human brain functions related to multisensory integration using reversed sensory environment  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 青山, 敦  
カナ アオヤマ, アツシ  
ローマ字 Aoyama, Atsushi  
所属 慶應義塾大学環境情報学部准教授(有期)  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク  
 
出版地
 
出版者
名前 慶應義塾大学  
カナ ケイオウ ギジュク ダイガク  
ローマ字 Keiō gijuku daigaku  
日付
出版年(from:yyyy) 2018  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 学事振興資金研究成果実績報告書  
翻訳  
 
 
2017  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
人間の脳は, 多様な感覚情報を複合的に処理し, 外部環境を矛盾なく再構成することで, 個々の感覚情報処理から想定されるレベルよりも豊かな知覚経験や優れた行動制御を実現している。この多感覚統合処理を調べるために, 3か年計画の1年目となる平成29年度においては, まず, ヘッドマウントディスプレイ(HMD)/聴覚ウェアラブルデバイス(AWD)と脳計測手法(特に脳波計測)の同時利用あるいは複合利用を実現する基本的な実験システムの構築を行った。具体的には, HMD/AWDが生じる電磁気ノイズを可能な限り低減するようにし, 脳計測データの信頼性を担保した。また, HMD/AWDと脳計測装置間の信号の遅延やジッターを可能な限りなくし, 同期制御を可能にした。続いて, 視覚の影響を受けやすい前庭感覚と聴覚を対象として, 感覚反転環境を構築した。具体的に前庭感覚においては, HMDを装着した状態で実験参加者の姿勢を操作し, 前庭感覚情報(直立/倒立)と視覚情報(下降/上昇)とのマッチ/ミスマッチに対する脳計測システムを確立した。聴覚においては, 右耳(左耳)に呈示された音が左耳(右耳)に届くように実験参加者の装着したAWDを構成し, 聴覚情報(左/右)と視覚情報(左/右)のマッチ/ミスマッチに対する脳計測システムを確立した。いずれの場合も, マッチ/ミスマッチに依存して関連する脳部位間の機能的結合が変化し, 各感覚野の活動に影響を与えていた。この知見は, 脳活動の量的な議論に終始しない動的な多感覚統合機能の解明の鍵となり, 平成30年度の研究に繋がるものである。一方で, HMDの性能不足や残った電磁気ノイズがデータ計測・解析時の問題となっている。したがって平成30年度には, システムの強化(高性能のHMD, 高電磁気シールド)も実験と並行して行っていく必要がある。
Human brains process multimodal sensory information compositely and reconstruct an external environment consistently, which results in a richer experience of perception and a more excellent control of behavior than those assumed from individual sensory information processing. To investigate the multisensory integration processing, in the first year (2017) of the 3-year plan, a basic experimental system was constructed in which simultaneous or combinational use of a head mounted display (HMD)/auditory wearable devices (AWD) and a brain measurement technique (especially electroencephalography) was achieved at first. Specifically, reliability of brain measurement data was secured by reducing electromagnetic noise generated from the HMD/AWD as much as possible. Moreover, synchronized control was obtained by reducing latency and jitter between signals from the HMD/AWD and the brain measurement device as much as possible. Subsequently, reversed sensory environment was constructed as to vestibular and auditory sensations that are sensitive to visual sensation. Specifically, for the vestibular sensation, participants' body tilt was manipulated with them wearing the HMD, and a brain measurement system was established for match/mismatch between vestibular information (normal/inverted) and visual information (downward/upward). For the auditory sensation, the AWD participants wore was configured so that a sound presented to right (left) ear was delivered to the left (right) ear, and a brain measurement system was established for match/mismatch between auditory information (left/right) and visual information (left/right). In both cases, functional connectivity between relevant brain sites was altered depending on the match/mismatch, which affected activity in each sensory area. Theses findings can be keys to elucidate the dynamic multisensory integration function beyond quantitative discussion of brain activity, and leads to research in 2018. On the other hand, deficiency in performance of the HMD and remaining electromagnetic noise have become issues in measuring and analyzing data. Accordingly, in 2018, it is also necessary to strengthen the system (high performance HMD, high electromagnetic shielding) in parallel with experiment.
 
目次

 
キーワード
 
NDC
 
注記

 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Jul 30, 2019 11:15:16  
作成日
Feb 21, 2019 13:10:02  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Feb 21, 2019    インデックス を変更
Jul 30, 2019    著者,上位タイトル 名前,抄録 内容 を変更
 
インデックス
/ Public / 塾内助成報告書 / 学事振興資金研究成果実績報告書 / 2017年度
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 石垣島の「エコツ... (808) 1st
2位 新自由主義に抗す... (394)
3位 アイドル文化にお... (391)
4位 組織市民行動が成... (316)
5位 もしも世界がみん... (315)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 アセトアニリドの... (730) 1st
2位 石垣島の「エコツ... (636)
3位 解説 : 体液の物... (634)
4位 適応的選好形成と... (567)
5位 姿勢維持における... (551)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース