慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
2017000001-20170077  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
2017000001-20170077.pdf
Type :application/pdf Download
Size :120.0 KB
Last updated :Feb 21, 2019
Downloads : 399

Total downloads since Feb 21, 2019 : 399
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル 太鼓でつなぐ「アフリカ」の記憶 : サンテリーア儀礼太鼓奏者のライフストーリー  
カナ タイコ デ ツナグ 「アフリカ」 ノ キオク : サンテリーア ギレイ タイコ ソウシャ ノ ライフ ストーリー  
ローマ字 Taiko de tsunagu "Afurika" no kioku : Santerīa girei taiko sōsha no raifu sutōrī  
別タイトル
名前 Passing down the memory of "Africa" with the bata drums : life stories of the tamboreros.  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 工藤, 多香子  
カナ クドウ, タカコ  
ローマ字 Kudo, Takako  
所属 慶應義塾大学経済学部准教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク  
 
出版地
 
出版者
名前 慶應義塾大学  
カナ ケイオウ ギジュク ダイガク  
ローマ字 Keiō gijuku daigaku  
日付
出版年(from:yyyy) 2018  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 学事振興資金研究成果実績報告書  
翻訳  
 
 
2017  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
本研究はアフロキューバ宗教の一つサンテリーアにおける儀礼太鼓(バタ)奏者のライフストーリーを聞き取ることで, 太鼓奏者集団や太鼓の系譜, 彼らの信仰の実践を明らかにすることを目的としている。2017年3月には本研究の事前調査を行い, その結果に基づいた本調査を8月18日~9月5日の調査旅行で実施した。
調査の中心となったのは, Adofoと呼ばれている, キューバで最も古いバタの一つに関わってきた人々へのライフストーリーの聞き取りである。ハバナ市内で7人にインタビューを実施したが, 多くの調査協力者がすでに高齢のため, 記憶は曖昧で情報も錯綜しており, Adofoの所有者と演奏者の明確な系譜を示すことは困難だった。しかし, 20世紀前半, 儀礼の母体となる組織が解体していくなかで, Pablo Roche, Miguel Somodeville, Jesus Perez, Nicolas Angarica, Pedro Aspirinaといった「伝統継承者」を中心に太鼓奏者のネットワークが再編されてきたという仮説が浮かび上がってきた。また, 彼らがいずれもAdofoに関与してきたこと, さらにこの太鼓の制作者であるAdofo本人が, 「アフリカの伝統」に忠実と考えられているMatanzas州の出身であることが, この太鼓の「正統性」の理由として指摘されていることもわかった。しかし, Adofo本人に関する情報はハバナ市内ではほとんど詳らかにならなかった。Adofoの系譜をたどるためには, Matanzas州での調査が今後の大きな課題となった。
Adofoの太鼓に関してはまだデータが不十分だが, インタビューを通して, キューバ革命前の貧困地区での生活のようす, そこでの生活からいかにしてサンテリーア信者や太鼓奏者になったのかについてたくさんの証言を得られた。これに関しては論考をまとめ, 2018年11月にハバナで開催されるキューバ文化人類学会で発表する予定である。
The object of this study is to trace the genealogy of los tambores batá, which are considered sacred by the practitioners of Santería, one of the Afrocuban religions, and to see how the network of the tamboreros (drum players) works to keep their tradition alive. I carried out a fieldwork from Aug. 18 to Sep. 5 in Havana City and Matanzas City, interviewing mainly the tamboreros who have worked with the set of tambores batá called Adofó, one of the oldest in Cuba, about their life stories.
 
目次

 
キーワード
 
NDC
 
注記

 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Feb 21, 2019 13:10:04  
作成日
Feb 21, 2019 13:10:04  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Feb 21, 2019    インデックス を変更
 
インデックス
/ Public / 塾内助成報告書 / 学事振興資金研究成果実績報告書 / 2017年度
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 Open-domain dial... (1615) 1st
2位 石垣島の「エコツ... (710)
3位 Bidet toilet use... (520)
4位 731部隊と細菌戦 ... (500)
5位 新自由主義に抗す... (384)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 アセトアニリドの... (1036) 1st
2位 インフルエンサー... (505)
3位 石垣島の「エコツ... (427)
4位 酢酸エステル類の... (402)
5位 興味が引き起こさ... (401)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース