慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
2017000001-20170043  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
2017000001-20170043.pdf
Type :application/pdf Download
Size :126.4 KB
Last updated :Feb 21, 2019
Downloads : 343

Total downloads since Feb 21, 2019 : 343
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル 国連におけるSustainable Development Goalsおよび責任経営教育に関する総合的研究  
カナ コクレン ニ オケル Sustainable Development Goals オヨビ セキニン ケイエイ キョウイク ニ カンスル ソウゴウテキ ケンキュウ  
ローマ字 Kokuren ni okeru Sustainable Development Goals oyobi sekinin keiei kyōiku ni kansuru sōgōteki kenkyū  
別タイトル
名前 Study on the United Nations' sustainable development goals and the responsible management education  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 梅津, 光弘  
カナ ウメズ, ミツヒロ  
ローマ字 Umezu, Mitsuhiro  
所属 慶應義塾大学商学部准教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク  
 
出版地
 
出版者
名前 慶應義塾大学  
カナ ケイオウ ギジュク ダイガク  
ローマ字 Keiō gijuku daigaku  
日付
出版年(from:yyyy) 2018  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 学事振興資金研究成果実績報告書  
翻訳  
 
 
2017  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
国連は2015年に17箇条からなるSDGs(Sustainable Development Goals)を採択し, 2030年までを達成期限とする新たな地球規模の目標を掲げた。この運動は2000年から2015年までに掲げられたMDGs(Millennium Development Goals)を継承する目標であるが, MDGsが主に開発途上国を対象にした目標であったのに対して, SDGsはすべての国連加盟国が参加するべき目標である。さらには国や地域だけでなく, 企業, NGO, 大学など広範な組織を対象となっており, 運動の広がりが全世界にわたることが期待されている。そうした中で, 日本におけるSDGsの認識や普及は未だに広がりを見せておらず, 欧米や中国などの取り組みとの間に温度差があると言われている。日本政府も2017年8月に外務省が1075億円を国連に寄付し, 専門の部局を立ち上げるなど積極的な取り組みを見せはじめている。また経団連は2017年秋に企業行動憲章を改定し, その中心にSDGsを位置付けている。日本の企業の取り組みはまだ活発であるとは言いがたく, 世界的に見ても遅れを取っている状況である。今回の研究では内外の文献を収集するとともに, 国内企業へのインタビューを通じてその取り組み状況の実情を把握した。さらには2018年1月18日には慶應義塾大学三田北館ホールにおいて外務省, 経団連, 国連大学, 民間企業, 新聞社, NGOなどの代表者を集めてシンポジウムを実施した。180名の参加者を得ることができ, また日本経営倫理学会, 経営倫理実践研究センター, 外務省などの協賛を得てこれまでの内外の取り組みを整理, 認識し, さらには非常に良い普及・啓蒙の時を持つことができた。このシンポジウムの講師をこの研究の一環として招くことができたことは, 今後の幅広い研究の端緒を開く, 非常に効果的な機会になったと考えている。
In 2015,the United Nations adopted the Sustainable Development Goals, which consists of 17 global agendas that are supposed to be attained by the year 2030. Sustainable Development Goals succeeded the Millennium Development Goals which successfully ended in 2015. Unlike MDGs, SDGs are expected to be adapted by the all the United Nations member countries. Corporations, NGOs and Universities etc., are also encouraged to participate, so that this movement will spread all over the world. However, recognition level of SDGs still remains low among the Japanese public. The popularity and enthusiasm among European nations and the United States and even in China there is more interest for this movement. Japanese government donated about 1 billion dollar to the United Nations last summer specifically for the SDGs and organized special bureau within the Ministry of ForeIgn Affairs. The Federation of Economic Organization also revised their Codes of Business Ethics last summer; they cited SDG principles as a core portion their code. In this study, I conducted several interviews with Japanese corporations, NGOs and governmental organizations. As a result, I organized "UN SDGs Symposium" on January 18, 2018 at Keio University Mita Campus. Over 180 participants gathered; it was an epoch-making opportunity to develop both academic and practical applications for the future.
 
目次

 
キーワード
 
NDC
 
注記

 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Feb 21, 2019 13:07:27  
作成日
Feb 21, 2019 13:07:27  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Feb 21, 2019    インデックス を変更
 
インデックス
/ Public / 塾内助成報告書 / 学事振興資金研究成果実績報告書 / 2017年度
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 Open-domain dial... (1600) 1st
2位 石垣島の「エコツ... (690)
3位 Bidet toilet use... (508)
4位 731部隊と細菌戦 ... (501)
5位 新自由主義に抗す... (382)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 アセトアニリドの... (983) 1st
2位 インフルエンサー... (494)
3位 石垣島の「エコツ... (423)
4位 酢酸エステル類の... (403)
5位 興味が引き起こさ... (395)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース