慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
2017000001-20170028  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
2017000001-20170028.pdf
Type :application/pdf Download
Size :128.5 KB
Last updated :Feb 21, 2019
Downloads : 171

Total downloads since Feb 21, 2019 : 171
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル 幼小移行支援のためのコンピュータ指導プログラムの開発と評価  
カナ ヨウショウ イコウ シエン ノ タメ ノ コンピュータ シドウ プログラム ノ カイハツ ト ヒョウカ  
ローマ字 Yōshō ikō shien no tame no konpyūta shidō puroguramu no kaihatsu to hyōka  
別タイトル
名前 Developing and evaluating computer-based teaching for school transition  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 山本, 淳一  
カナ ヤマモト, ジュンイチ  
ローマ字 Yamamoto, Junichi  
所属 慶應義塾大学文学部教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク  
 
出版地
 
出版者
名前 慶應義塾大学  
カナ ケイオウ ギジュク ダイガク  
ローマ字 Keiō gijuku daigaku  
日付
出版年(from:yyyy) 2018  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 学事振興資金研究成果実績報告書  
翻訳  
 
 
2017  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
<目的>幼稚園・保育園から小学校への移行期に出現しやすい問題行動を予防し, 安定した発達を促すために, 就学前段階から実施できる幼小連携による発達支援プログラムを構築し, その効果を実証することを目的とした。<方法>(1)研究参加児 : 5名の発達障害のある幼児が研究に参加した。(2)教材 : これまで開発してきた発達支援プログラムをまとめて, 「包括的発達支援プログラム」として統合した。(3)支援手続き : (a)コミュニケーション発達支援, (b)社会スキル発達支援, (c)読み書き学習支援, (d)運動機能支援, (e)行動調整機能支援。特に, (a)(b)(c)に関しては, ICT教育の実現を目指して, コンピュータ支援プログラムとして実装し, それを用いた指導をおこなった。構築した発達支援を週1回大学で実施し, 家庭でも実施してもらった。それぞれの保護者には, 「家庭・園生活評価シート」に記録してもらうことで教育的ニーズを抽出し, 必要な支援を提供した。(4)計測方法 : 実際の行動(注意, コンプライアンス, 理解言語, 表出言語, 読み書き, 社会スキル, 自己制御)についてビデオ解析を用いて評価した。家庭内の行動は, 日常行動チェック用紙に記録してもらった。<結果>(1)小学校シミュレーション環境(友人と机を並べ学習を進める, 授業スケジュールを正面に視覚的に明確に示す, チャイム音によってスケジュールの移行を進める)が, 小学校生活で必要とされる, 姿勢保持, 学習持続などの適応行動の成立に有効であることが明らかになった。(2)読み書きスキル, コミュニケーション, 社会スキルが安定して出現するようになった。(3)保護者への聞き取りから, 高い満足度が得られた。<考察>小学校への適応を促すための基礎的な条件を明らかにすることができた。今後は, 小学校入学後のフォローアップとして, 保護者・本人からの聞き取りなどを行っていくことが課題である。
In this study, we examined the effect of preschool intervention program on the transition to school first grade. We developed the computer-based teaching program for promoting communication, social skills, reading and writing, motor coordination, and behavior regulation skills of children with developmental disabilities. The university staffs and family members systematically implemented this teaching programs. As result, all of five children acquired basic learning skills, social skills, and academic skills. The parents evaluated high satisfaction for the program. We are planing the follow-up study of school days for each child.
 
目次

 
キーワード
 
NDC
 
注記

 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Feb 21, 2019 13:07:26  
作成日
Feb 21, 2019 13:07:26  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Feb 21, 2019    インデックス を変更
 
インデックス
/ Public / 塾内助成報告書 / 学事振興資金研究成果実績報告書 / 2017年度
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 ネットワークにつ... (468) 1st
2位 慶應義塾大学薬学... (393)
3位 新自由主義に抗す... (379)
4位 ドイツのSNS対策... (376)
5位 攻撃衝動の体系的... (360)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 慶應義塾大学薬学... (805) 1st
2位 独ソ不可侵条約と... (632)
3位 ドイツのSNS対策... (595)
4位 なぜ日本ユニテリ... (594)
5位 アセトアニリドの... (448)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース