慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
2017000001-20170015  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
2017000001-20170015.pdf
Type :application/pdf Download
Size :120.2 KB
Last updated :Feb 21, 2019
Downloads : 1196

Total downloads since Feb 21, 2019 : 1196
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル 頭韻詩『アーサーの死』 : 14世紀ヨーロッパ文学の見地から  
カナ トウインシ 『アーサー ノ シ』 : 14セイキ ヨーロッパ ブンガク ノ ケンチ カラ  
ローマ字 Tōinshi "Āsā no shi" : 14seiki Yōroppa bungaku no kenchi kara  
別タイトル
名前 The alliterative _Morte Arthure_ and its thematic significance in European literary context  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 不破, 有理  
カナ フワ, ユリ  
ローマ字 Fuwa, Yuri  
所属 慶應義塾大学経済学部教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク  
 
出版地
 
出版者
名前 慶應義塾大学  
カナ ケイオウ ギジュク ダイガク  
ローマ字 Keiō gijuku daigaku  
日付
出版年(from:yyyy) 2018  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 学事振興資金研究成果実績報告書  
翻訳  
 
 
2017  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
頭韻詩『アーサーの死』(Alliterative Morte Arthure)はThomas Maloryの _Le Morte Darthur_の典拠として知られるが, 作者は不詳, 制作年代や制作意図をめぐっては諸説が存在する。唯一Thornton写本(Lincoln Cathedral MS.91)によって伝わる作品である。ソーントン写本はロバート・ソーントンによって1430年頃に転写されたと考えられている。本作品はほかのアーサー王物語には見られないエピソードがあるが, なかでもモードレッドに冠せられたMalebrancheは頭韻詩以外には見られないエピセットである。編者Krishnaは未発見の典拠の存在を指摘している一方, Mary Hamelはダンテの地獄篇に登場するMalebrancheの転用の可能性を指摘している。Hamelの説はSpearingからは否定的なコメントを受けたのみで, 以降注目されることはなかった。しかしながら, 本研究を通じてあらためて, Danteからの影響の可能性が非常に高いことを指摘したうえで, さらに『狐物語』群に登場するルナールの息子マルブランシュとの類似性から『狐物語』群からの影響の可能性も指摘した。14世紀イングランド北部で書かれた頭韻詩において, 当時のヨーロッパ文学の人気作者ダンテと人気作品『狐物語』などの残滓を読み取ることができるということは, あらためて14世紀英文学の汎ヨーロッパ的脈絡を考慮する重要性が再確認されたといえる。本研究に基づき, 国際アーサー王学会でSir Mordred "the Malebranche", Renart's heir?—possible sources for the Alliterative Morte Arthure and its thematic significance"を口頭発表し, 英仏文学者から高く評価された。専門誌への投稿を勧められており, 論文の準備を進めている。
Reynard the fox is one of the most intriguingly secular and sacrilegious medieval literary creations; and yet, despite its undoubted popularity in France, _le Roman de Renart_ had previously been regarded as unknown in fourteenth-century England. Rather than the Roman itself, its intermediate works were regarded as sources of inspiration for artistic representations such as Chaucer's "Nun's Priest Tale" among others. More recently, it has been argued that the romance was known to the author of _Sir Gawain and the Green Knight_, and that this poet's knowledge of the former work may have, in Elizabeth Brewer's words, "endowed the [latter] work with profundity of meaning."
My research reveals that French literary materials including _le Roman de Renart_, and possibly its fourteenth-century descendants were available in fourteenth-century England, and could have furnished the poet of the alliterative Morte Arthure with a complex source of literary inspiration. Mordred appears twice with the epithet "the Malebranche" in the _Morte Arthure_, yet significantly this epithet does not appear elsewhere in Arthurian tradition. Early editors of the text either remained silent about, or posited a possible lost source for, this reference. Mary Hamel alone points out Dante's influence on the poem, although her view has been dismissed or largely been ignored. Here, I explore a further possible, unexpected source for this epithet, among French literary sources, which perhaps has repercussions concerning the original meaning of "the Malebranche", and also argue that this French work, together with Dante's _Inferno_, are highly significant given the context of late fourteenth-century religious and social uneasy conflicts. My paper given in the International Arthurian Congress in 2017 was well-received by both English and French Arthurian scholars, and is currently in preparation for contributing to a notable Arthurian journal by the recommendation of its editor.
 
目次

 
キーワード
 
NDC
 
注記

 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Feb 21, 2019 13:07:24  
作成日
Feb 21, 2019 13:07:24  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Feb 21, 2019    インデックス を変更
 
インデックス
/ Public / 塾内助成報告書 / 学事振興資金研究成果実績報告書 / 2017年度
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 Open-domain dial... (1674) 1st
2位 731部隊と細菌戦 ... (432)
3位 石垣島の「エコツ... (403)
4位 新自由主義に抗す... (369)
5位 In-vivo kinemati... (249)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 アセトアニリドの... (1049) 1st
2位 インフルエンサー... (504)
3位 酢酸エステル類の... (468)
4位 興味が引き起こさ... (425)
5位 刑法における因果... (423)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース