慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

Home  »»  Listing item  »»  Detail

Detail

Item Type Article
ID
0402-2001-0108  
Preview
Image
thumbnail  
Caption  
Full text
0402-2001-0108.pdf
Type :application/pdf Download
Size :3.1 MB
Last updated :Jun 18, 2021
Downloads : 251

Total downloads since Jun 18, 2021 : 251
 
Release Date
 
Title
Title 東京2020オリンピック・パラリンピックエンブレムの背後に隠された幾何学的な理  
Kana トウキョウ 2020 オリンピック・パラリンピック エンブレム ノ ハイゴ ニ カクサレタ キカガクテキナ コトワリ  
Romanization Tōkyō 2020 Orinpikku Pararinpikku enburemu no haigo ni kakusareta kikagakutekina kotowari  
Other Title
Title The geometric theorem behind the Tokyo 2020 Olympic and Paralympic emblem  
Kana  
Romanization  
Creator
Name 松川, 昌平  
Kana マツカワ, ショウヘイ  
Romanization Matsukawa, Shōhei  
Affiliation 慶應義塾大学環境情報学部准教授  
Affiliation (Translated) Associate professor, Faculty of Environment and Information Studies, Keio University  
Role  
Link  
Edition
 
Place
藤沢  
Publisher
Name 慶應SFC学会  
Kana ケイオウ SFC ガッカイ  
Romanization Keiō SFC gakkai  
Date
Issued (from:yyyy) 2020  
Issued (to:yyyy)  
Created (yyyy-mm-dd)  
Updated (yyyy-mm-dd)  
Captured (yyyy-mm-dd)  
Physical description
 
Source Title
Name Keio SFC journal  
Name (Translated)  
Volume 20  
Issue 1  
Year 2020  
Month  
Start page 108  
End page 135  
ISSN
13472828  
ISBN
9784877385507  
DOI
URI
JaLCDOI
NII Article ID
 
Ichushi ID
 
Other ID
 
Doctoral dissertation
Dissertation Number  
Date of granted  
Degree name  
Degree grantor  
Abstract
本論考では、筆者が作成したREG (Random Emblem Generator) というシステムの開発を通して、野老朝雄がデザインした東京2020オリンピック・パラリンピック・エンブレムの背後に隠された幾何学的な理を明らかにすることを試みる。
 
Table of contents

 
Keyword
東京2020オリンピック・パラリンピックエンブレム  

菱形平面充填  

双対図形  
NDC
 
Note
特集 オリパラ サイコウ
招待論文 : 研究論文
 
Language
日本語  

英語  
Type of resource
text  
Genre
Journal Article  
Text version
publisher  
131.113.194.249
Access conditions

 
Last modified date
Jun 18, 2021 12:47:40  
Creation date
Jun 18, 2021 12:47:40  
Registerd by
mediacenter
 
History
Jun 18, 2021    インデックス を変更
 
Index
/ Public / Shonan Fujisawa / Keio SFC journal / 20(1) 2020
 
Related to