慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
0402-1602-0156  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
0402-1602-0156.pdf
Type :application/pdf Download
Size :1.8 MB
Last updated :Sep 14, 2023
Downloads : 219

Total downloads since Sep 14, 2023 : 219
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル An analysis based on intersubjective communication in psychoanalytic psychotherapy : toward the discovery of the 'preemptive guilt' in the context of Japanese culture  
カナ  
ローマ字  
別タイトル
名前 精神分析的心理療法におけるインターサブジェクティブな交流に基づいた分析 : 日本文化における '先取り型罪悪感' の発見に向けて  
カナ セイシン ブンセキテキ シンリ リョウホウ ニ オケル インターサブジェクティブ ナ コウリュウ ニ モトズイタ ブンセキ : ニホン ブンカ ニ オケル 'サキドリガタ ザイアクカン' ノ ハッケン ニ ムケテ  
ローマ字 Seishin bunsekiteki shinri ryōhō ni okeru intāsabujekutibu na kōryū ni motozuita bunseki : Nihon bunka ni okeru 'sakidorigata zaiakukan' no hakken ni mukete  
著者
名前 森, さち子  
カナ モリ, サチコ  
ローマ字 Mori, Sachiko  
所属 慶應義塾大学総合政策学部准教授  
所属(翻訳) Associate professor, Faculty of Policy and Management, Keio University  
役割  
外部リンク  
 
出版地
藤沢  
出版者
名前 慶應義塾大学湘南藤沢学会  
カナ ケイオウ ギジュク ダイガク ショウナン フジサワ ガッカイ  
ローマ字 Keiō gijuku daigaku Shōnan Fujisawa gakkai  
日付
出版年(from:yyyy) 2017  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
 
上位タイトル
名前 Keio SFC journal  
翻訳  
16  
2  
2016  
 
開始ページ 156  
終了ページ 165  
ISSN
13472828  
ISBN
9784877384968  
DOI
URI
JaLCDOI
10.14991/003.00160002-0156
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
This paper analyzed the interactions of psychoanalytic psychotherapy between a Japanese client and her Japanese therapist over the issue of 'guilt feelings' from intersubjective perspectives. This led to the discovery of a third kind of guilt, seen as typically Japanese, or 'preemptive guilt,' after two kinds of guilt described by Japanese psychoanalysts, namely, 'guilt feelings as a fear of punishment' and 'guilt feelings following forgiveness.' At a certain time point in the course of this therapy, the therapist was stricken by a sense of guilt and spontaneously apologized to the client. This triggered a move forward in the therapy and uncovered the exact elements of their interactions that had driven the enactment of guilt feelings.
 
目次

 
キーワード
psychoanalytic psychotherapy  

intersubjective communication  

guilt feelings  

enactment  

Japanese culture  
NDC
 
注記
自由論題
研究ノート
 
言語
英語  

日本語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Journal Article  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Sep 14, 2023 12:55:15  
作成日
Jul 01, 2021 12:39:07  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Jul 1, 2021    インデックス を変更
Sep 14, 2023    JaLCDOI,注記 注記 を変更
 
インデックス
/ Public / 湘南藤沢 / Keio SFC journal / 16(2) 2016
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 文化資本概念の現... (1024) 1st
2位 731部隊と細菌戦 ... (447)
3位 新自由主義に抗す... (352)
4位 石垣島の「エコツ... (263)
5位 ガールクラッシュ... (234)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 アセトアニリドの... (787) 1st
2位 酢酸エステル類の... (529)
3位 アルコール発酵の... (473)
4位 インフルエンサー... (457)
5位 文化資本概念の現... (438)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース