慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
0402-0801-0400  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
 
タイトル
タイトル 文脈と方法としての「つながり」の技術  
カナ ブンミャク ト ホウホウ トシテノ 「ツナガリ」 ノ ギジュツ  
ローマ字 bunmyaku to hoho toshiteno "tsunagari" no gijutsu  
別タイトル
名前 Network Technology as Context of Society and as Methodology of Social Research  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 平高, 史也  
カナ ヒラタカ, フミヤ  
ローマ字 Hirataka, Fumiya  
所属 慶應義塾大学総合政策学部教授  
所属(翻訳) Professor, Faculty of Policy Management, Keio University  
役割  
外部リンク  

名前 深谷, 昌弘  
カナ フカヤ, マサヒロ  
ローマ字 Fukaya, Masahiro  
所属 慶應義塾大学総合政策学部教授  
所属(翻訳) Professor, Faculty of Policy Management, Keio University  
役割  
外部リンク  

名前 國領, 二郎  
カナ コクリョウ, ジロウ  
ローマ字 Kokuryo, Jiro  
所属 慶應義塾大学総合政策学部教授  
所属(翻訳) Professor, Faculty of Policy Management, Keio University  
役割  
外部リンク  
 
出版地
藤沢  
出版者
名前 慶應義塾大学湘南藤沢学会  
カナ ケイオウ ギジュク ダイガク ショウナン フジサワ ガッカイ  
ローマ字 Keio gijuku daigaku shonan fujisawa gakkai  
日付
出版年(from:yyyy) 2008  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
 
上位タイトル
名前 Keio SFC journal  
翻訳  
8  
1  
2008  
 
開始ページ 47  
終了ページ 54  
ISSN
13472828  
ISBN
9784877383480  
DOI
URI
 
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
「文脈と方法としての『つながり』の技術」を通底するキーワードは「言語空間」である。「言語空間」とはメッセージを伝え合う場であり、言語を介して人間のつながりを作る場でもある。メッセージの伝達は対面状況だけではなく、IT 技術を介した、時間と空間を共有しない状況も含まれる。本稿では、人、言語、IT によるネットワークがヒューマンセキュリティの構築に資するという考え方のもとに、実践知を育む文脈をどのように形成していくかという総合政策学的なテーマを扱う。
  This paper presents research activities by the three teams in the “Network Technology as Context of Society and as Methodology of Social Science” group, which are “Construction and Management of Information Platforms” Team, “Language Policy as a ‘Basis of Human Security’”Team, and “Web Social Research Methodology Development: Socio-Semantics” Team. All teams share the “language space” concept, which is a place of message exchange and network creation by language. Discussions on transmission of information refer to both face-to-face communication and IT facilitated communication where sender and receiver are separated. Based on the idea that “networks involving people, language, and IT contribute to human security development,” we address the policy
management studies theme of context formation for practical knowledge cultivation.
 
目次

 
キーワード
情報プラットフォーム  

マネジメント  

言語政策  

ソシオセマンティクス  

言語空間  
NDC
 
注記
総合政策学特別号
特集論文
 
言語
日本語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Journal Article  
著者版フラグ
 
本文URI
 
アクセス条件

 
最終更新日
Jan 20, 2009 09:00:00  
作成日
Jan 20, 2009 09:00:00  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
 
インデックス
/ Public / 湘南藤沢 / Keio SFC journal / 8(1) 2008
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 アイドル文化にお... (524) 1st
2位 日韓会談と日韓国... (413)
3位 組織市民行動が成... (357)
4位 もしも世界がみん... (319)
5位 ドイツのSNS対策... (315)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 1950年前後の加藤... (725) 1st
2位 アセトアニリドの... (561)
3位 Instagram解析に... (534)
4位 日本市場における... (485)
5位 家族主義と個人主... (458)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース