慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
0402-0101-0200  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
0402-0101-0200.pdf
Type :application/pdf Download
Size :703.7 KB
Last updated :Feb 27, 2024
Downloads : 1795

Total downloads since Feb 27, 2024 : 1795
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル Critique interne de la démocratie libérale chez Alexis de Tocqueville  
カナ  
ローマ字  
別タイトル
名前 トクヴィルによる自由民主主義の内在的批判  
カナ トクヴィル ニヨル ジユウ ミンシュ シュギ ノ ナイザイテキ ヒハン  
ローマ字 Tokuviru niyoru jiyu minshu shugi no naizaiteki hihan  
著者
名前 宮代, 康丈  
カナ ミヤシロ, ヤスタケ  
ローマ字 Miyashiro, Yasutake  
所属 慶應義塾大学総合政策学部非常勤講師  
所属(翻訳) Part-time lecturer, Faculty of Policy Management, Keio University  
役割  
外部リンク  
 
出版地
藤沢  
出版者
名前 慶應義塾大学湘南藤沢学会  
カナ ケイオウ ギジュク ダイガク ショウナン フジサワ ガッカイ  
ローマ字 Keio gijuku daigaku shonan fujisawa gakkai  
日付
出版年(from:yyyy) 2002  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
 
上位タイトル
名前 Keio SFC journal  
翻訳  
1  
1  
2002  
6  
開始ページ 34  
終了ページ 55  
ISSN
13472828  
ISBN
4878021098  
DOI
URI
JaLCDOI
10.14991/003.00010001-0034
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
Critique interne de la démocratie libérale : telle est la lecture que nous proposons dans le présent article sur De la démocratie en Amérique. Dans son ouvrage, Alexis de Tocqueville a relevé quelques difficultés inhérentes à ladémocratie moderne. Mais faut-il en conclure que la philosophie tocquevillienne vise à destituer, dans un esprit dit conservateur, les principes mêmes de la modernité socio-politique? N'est-il pas plus exact de dire que le penseur a tenté de faire une auto-critique de la démocratie libérale, et que cette critique, disons interne,avait pour but d’éclairer les conditions requises pour que la société moderne conserve les liens sociaux sans abandonner les valeurs de l’indépendance individuelle qui la caractérise? Nous nous efforçons de dégager le sens de la critique qu’a formulée Tocqueville en ce qui concerne l’homo democraticus.本稿は、『アメリカのデモクラシー』を政治哲学の観点から分析することで、トクヴィルの自由民主主義批判が内在的批判であることを明らかにする。トクヴィルは、社会の平等化が引き起こす諸々の危険を指摘し、近代民主主義に対する批判を展開した。しかし、その批判の意図は、自由と平等という近代の規範的理念の否定ではなく、むしろ自由民主主義の理念からの逸脱を問い質すことであった。すなわちトクヴィルは、反近代的価値に依拠して民主主義を批判したのではなく、近代的理念の実現に近づくための内在的批判をおこなったのである。
 
目次

 
キーワード
Alexis de Tocqueville  

individualisme  

libéralisme  

républicanisme  

liberté politique  
NDC
 
注記
特集「ガバナンス論の現在」
 
言語
フランス語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Journal Article  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Feb 27, 2024 16:00:05  
作成日
Mar 18, 2008 09:00:00  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Aug 2, 2019    著者 を変更
Feb 27, 2024    JaLCDOI を変更
 
インデックス
/ Public / 湘南藤沢 / Keio SFC journal / 1(1) 2002
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 文化資本概念の現... (1291) 1st
2位 731部隊と細菌戦 ... (462)
3位 新自由主義に抗す... (404)
4位 In-vivo kinemati... (315)
5位 石垣島の「エコツ... (280)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 アセトアニリドの... (958) 1st
2位 酢酸エステル類の... (599)
3位 文化資本概念の現... (533)
4位 興味が引き起こさ... (511)
5位 インフルエンサー... (479)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース