慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KO40002003-00002010-0259  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KO40002003-00002010-0259.pdf
Type :application/pdf Download
Size :1.4 MB
Last updated :Mar 12, 2012
Downloads : 605

Total downloads since Mar 12, 2012 : 605
 
タイトル
タイトル Contamination consulting : Providing of safe plastic food containers  
カナ  
ローマ字  
別タイトル
名前  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 アスカカンパニー株式会社  
カナ アスカ カンパニー カブシキ ガイシャ  
ローマ字 Asuka Company  
所属  
所属(翻訳)  
役割  
外部リンク  

名前 中野, 冠  
カナ ナカノ, マサル  
ローマ字 Nakano, Masaru  
所属  
所属(翻訳)  
役割  
外部リンク  
Publisher  
出版地
横浜  
出版者
名前 慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科  
カナ ケイオウ ギジュク ダイガク ダイガクイン システム デザイン・マネジメント ケンキュウカ  
ローマ字 Keio gijuku daigaku daigakuin shisutemu dezain manejimento kenkyuka  
日付
出版年(from:yyyy) 2010  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
 
上位タイトル
名前 Active learning project sequence report  
翻訳  
2010  
 
2010  
 
開始ページ 259  
終了ページ 278  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
 
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
This paper is written about ALPS group7 works. Our group consists of 5 people, the proposer company, and the mentor. The proposer company is ASKA Company. The company has manufactured and solid plastic products. It is established in1968. This time, the company had a problem like below and we tried to help it. 
"We, at ASKA COMPANY, manufacture and sell plastic food containers to distributers such as Glico and Nestle of Japan. Recently, with increasing environmental awareness, we have focused our efforts to produce thin and light plastic food containers. With these modifications, the mechanical properties such as brittleness and strength become increasingly important. However, we were unable to find any safety standard or mechanical testing instrument for plastic food containers on the market."
So, we were focusing on making safe plastic containers at first. The meaning of "safe plastic containers" must be defined. Then, we found out the current state and what the company really wants to do by asking them. As it is known, once it provides the not safe plastic containers, it is going to be very big problem because it is related to food or something like that. We were trying to think the way to prevent the plastic containers from contaminations at ALPS
 
目次

 
キーワード
 
NDC
 
注記
Student final reports
Group 7
 
言語
英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
 
本文URI
 
アクセス条件

 
最終更新日
Mar 12, 2012 09:00:00  
作成日
Mar 12, 2012 09:00:00  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
 
インデックス
/ Public / (SDM)システムデザイン・マネジメント研究科 / Active learning project sequence report / 2010
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 ジャニーズのアイ... (365) 1st
2位 新自由主義に抗す... (223)
3位 ロマン主義として... (205)
4位 犯罪とわが国民性 (188)
5位 The practice of ... (183)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 東シナ海の航空交... (422) 1st
2位 オリエンタル銀行... (349)
3位 ジャニーズのアイ... (302)
4位 ODATE GAME : cha... (240)
5位 日本市場における... (197)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース