慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_26670065seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_26670065seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :193.4 KB
Last updated :Jan 6, 2017
Downloads : 53

Total downloads since Jan 6, 2017 : 53
 
タイトル
タイトル 消化管内病原細菌特異的排除型新規分子標的療法の確立  
カナ ショウカカンナイ ビョウゲン サイキン トクイテキ ハイジョガタ シンキ ブンシ ヒョウテキ リョウホウ ノ カクリツ  
ローマ字 Shokakannai byogen saikin tokuiteki haijogata shinki bunshi hyoteki ryoho no kakuritsu  
別タイトル
名前 Exploitation of pathogenic gastrointestinal bacteria specific molecular targeting therapy  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 鈴木, 秀和  
カナ スズキ, ヒデカズ  
ローマ字 Suzuki, Hidekazu  
所属 慶應義塾大学・医学部・教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 70255454  

名前 榊原, 康文  
カナ サカキバラ, ヤスブミ  
ローマ字 Sakakibara, Yasubumi  
所属 慶應義塾大学・理工学部・教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team member  
外部リンク 科研費研究者番号 : 10287427  

名前 津川, 仁  
カナ ツガワ, ヒトシ  
ローマ字 Tsugawa, Hitoshi  
所属 慶應義塾大学・医学部・助教  
所属(翻訳)  
役割 Research team member  
外部リンク 科研費研究者番号 : 30468483  
Publisher  
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2016  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2015  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
 
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
H. pyloriのSodB活性はメトロニダゾール耐性に関与し, その活性化には菌体膜鉄トランスポーターFecA1による鉄イオン供給が必須である。in silico検索よりFecA1結合性化合物として同定したnordihidroguaiaretic acid(NDGA)は, H. pyloriのSodB活性を抑制し, 酸化ストレス感受性を, fecA1遺伝子欠損株と同レベルまで高めた。また, H. pylori感染マウスへのNDGA投与は感染菌量を低下させ, H. pyloriの感染能破綻を招来すると考えられた。さらに, NDGAは, サルモネラ及び病原性大腸菌に対しても酸化ストレス感受性を高めた。
Superoxide dismutase (SodB) of H. pylori plays an indispensable role in the development of drug resistance against metronidazole. The activation of SodB requires Fe2+ supply through FecA1, suggesting that FecA1 is a possible target for a novel eradication therapy. By in silico screening, we explored FecA1-binding compounds and identified nordihydroguaiaretic acid (NDGA), that reduced intrabacterial Fe2+ levels and SodB activity and then increased the H2O2 sensitivity to the same levels observed in fecA1-deletion mutants. NDGA decreased the colonization density of H. pylori in the mouse stomach, indicating the repression of gastric mucosal-colonization of H. pylori via inhibition of intracellular Fe2+ uptake by FecA1. In addition, NDGA also increased the in vitro H2O2 sensitivity of Salmonella typhimurium and enteropathogenic E. coli. These results suggest that NDGA might be effective for the development of a novel therapy selectively against inflammogenic enteropathogenic bacteria.
 
目次

 
キーワード
Helicobacter pylori  

鉄  

FecA1  

除菌療法  

酸化ストレス  

in silico  

メトロニダゾール  
NDC
 
注記
研究種目 : 挑戦的萌芽研究
研究期間 : 2014~2015
課題番号 : 26670065
研究分野 : 消化器内科学
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
 
本文URI
 
アクセス条件

 
最終更新日
Feb 01, 2017 15:53:01  
作成日
Dec 27, 2016 11:19:09  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Feb 1, 2017    概要, フリーキーワード, 抄録, 著者 を変更
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2015年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 日本におけるスペ... (371) 1st
2位 新自由主義に抗す... (365)
3位 ロマン主義として... (337)
4位 歌舞伎における後... (310)
5位 『慈照院自歌合』... (273)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 Benchmark 2011 i... (1573) 1st
2位 日本におけるスペ... (1157)
3位 日本における赤痢... (381)
4位 『詩人玉屑』版本... (353)
5位 ジャニーズのアイ... (259)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース