慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_26380312seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_26380312seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :95.7 KB
Last updated :Nov 12, 2018
Downloads : 63

Total downloads since Nov 12, 2018 : 63
 
タイトル
タイトル 民営化空港の市場支配力の測定と経済的規制のあり方について  
カナ ミンエイカ クウコウ ノ シジョウ シハイリョク ノ ソクテイ ト ケイザイテキ キセイ ノ アリカタ ニ ツイテ  
ローマ字 Mineika kūkō no shijō shihairyoku no sokutei to keizaiteki kisei no arikata ni tsuite  
別タイトル
名前 Measuring the degree of market power for privatized airports with non-aviation activities and economic regulation  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 田邉, 勝巳  
カナ タナベ, カツミ  
ローマ字 Tanabe, Katsumi  
所属 慶應義塾大学・商学部・教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 90438995  
Publisher  
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2018  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2017  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
 
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
本研究は日本の空港の経済的規制のあり方を分析した。日本の航空旅客需要関数と空港費用関数を測定し, シミュレーション分析を行った。分析の結果, 国管理空港が赤字であるのは, 非効率な経営だけでなく政策的に誘導された低い航空系料金も原因の一つであった。もし民営化空港が利潤最大化した場合, 航空系料金は現在の約9倍に値上がりする可能性がある。空港間競争は航空系料金を低めるが, 航空系と非航空系が統合されても, 航空系料金の低下は限定的である。非混雑空港の場合, 航空系・非航空系を一括にした規制の方が社会的に望ましい。空港間合併については, 空港間が補完ではなく競合関係にある場合, 社会にとってより望ましくない。
This study explores whether aviation charge regulation is necessary at privatized airports. We employ a structural model of airline competition in the Japanese domestic air passenger market. We find that airports without integration set nine times higher than current aviation charge. When airports integrate the non-aviation sector, they tend to set lower aviation charges by 5.6-20.5 %. Consequently, non-aviation charges are lowered. Competition among airports also tends to lower aviation charges. Nonetheless, single-till regulation dominates dual-till regulation at non-congested airports, regarding welfare maximization. We find that aviation charges will remain high if airports maximize profits, whether they are integrated with highly profitable non-aviation companies and airport competition or not. Regarding mergers between airports, it is possible that the total surplus will be reduced if the airports are not complementary but competing.
 
目次

 
キーワード
着陸料  

空港間競争  

非航空系  

ラムゼイ料金  

料金規制  
NDC
 
注記
研究種目 : 基盤研究(C)(一般)
研究期間 : 2014~2017
課題番号 : 26380312
研究分野 : 交通経済
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
 
本文URI
 
アクセス条件

 
最終更新日
Nov 12, 2018 15:24:11  
作成日
Nov 12, 2018 15:24:11  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Nov 12, 2018    インデックス を変更
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2017年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 日本におけるスペ... (371) 1st
2位 新自由主義に抗す... (365)
3位 ロマン主義として... (337)
4位 歌舞伎における後... (310)
5位 『慈照院自歌合』... (273)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 Benchmark 2011 i... (1573) 1st
2位 日本におけるスペ... (1157)
3位 日本における赤痢... (381)
4位 『詩人玉屑』版本... (353)
5位 ジャニーズのアイ... (259)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース