慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_26310107seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_26310107seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :255.4 KB
Last updated :Oct 31, 2019
Downloads : 27

Total downloads since Oct 31, 2019 : 27
 
タイトル
タイトル 超高齢期の幸福感と寿命における社会関係・社会参加の影響に関する研究  
カナ チョウコウレイキ ノ コウフクカン ト ジュミョウ ニ オケル シャカイ カンケイ・シャカイ サンカ ノ エイキョウ ニ カンスル ケンキュウ  
ローマ字 Chōkōreiki no kōfukukan to jumyō ni okeru shakai kankei shakai sanka no eikyō ni kansuru kenkyū  
別タイトル
名前 Relations between well-being, longevity, and psychosocial factors among the oldest old  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 高山, 緑  
カナ タカヤマ, ミドリ  
ローマ字 Takayama, Midori  
所属 慶應義塾大学・理工学部 (日吉)・教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 10308025  
publisher  
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2019  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2018  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
 
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
人口の高齢化、平均寿命の延伸という世界的潮流の中で、高齢者が健康で活き活きと暮らせること、また健康状態に関わらずwell-beingと尊厳をもって生活できる社会の創出は国際社会が直面している問題のひとつである。本研究課題では、後期高齢期以降のwell-being や健康に影響を与えることが予想される社会関係、社会参加活動、および地域環境に焦点をあて、社会関係、社会参加活動がいかに維持・変化するか、その実態を明らかにするとともに、社会関係、社会参加活動、および地域の環境要因 (コミュニティ感覚、社会的・物理的環境等) がwell-beingと健康に与える影響とそのメカニズムの解明に取り組んだ。
The number of older adults is increasing rapidly, and life expectancy is expending nationally and globally. Currently we are confronted with the urgent task of creating a society where older adults could live with higher well-being and dignity. In this 5-year research project, we focused social relations, social activities and neighborhood environments, which were expected to effect well-being and health. We conducted a longitudinal study (wave1-wave3) of older adults aged 75 and older, and semi-structured in-depth interviews, and we examined age differences and aging process of social relations and social activities. Moreover, we examined effects of social relations, social activities as well as neighborhood environments including social capital, social environments (e.g., culture and recreation programs, inclusive social environment), and physical environments (e.g., public spaces and buildings, accessibility) on well-being and physical and mental health among older adults.
 
目次

 
キーワード
well-being  

社会関係  

社会参加活動  

地域環境  

ソーシャル・キャピタル  

後期高齢期  

超高齢期  

健康寿命  
NDC
 
注記
研究種目 : 基盤研究(B)(特設分野研究)
研究期間 : 2014~2018
課題番号 : 26310107
研究分野 : 老年心理学, 生涯発達心理学
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
 
本文URI
 
アクセス条件

 
最終更新日
Oct 31, 2019 11:11:02  
作成日
Oct 31, 2019 11:11:02  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Oct 31, 2019    インデックス を変更
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2018年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 ジャニーズのアイ... (598) 1st
2位 日本におけるスペ... (355)
3位 ダイナミック・ケ... (313)
4位 ロマン主義として... (290)
5位 なぜEU法を学ぶべ... (181)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 Instagram解析に... (1852) 1st
2位 刑法における因果... (1321)
3位 The Iliad of Hom... (1314)
4位 I know who you a... (1291)
5位 VARIABLES : a ga... (1276)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース