慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_25460173seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_25460173seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :143.1 KB
Last updated :Jan 6, 2017
Downloads : 59

Total downloads since Jan 6, 2017 : 59
 
タイトル
タイトル ピロリ菌CagAの宿主細胞内安定性を規定する細胞特性の解析  
カナ ピロリキン CagA ノ シュクシュ サイボウナイ アンテイセイ オ キテイスル サイボウ トクセイ ノ カイセキ  
ローマ字 Pirorikin CagA no shukushu saibonai anteisei o kiteisuru saibo tokusei no kaiseki  
別タイトル
名前 Host cell characteristics involved in gastric carcinogenesis by H. pylori infection  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 津川, 仁  
カナ ツガワ, ヒトシ  
ローマ字 Tsugawa, Hitoshi  
所属 慶應義塾大学・医学部・助教  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 30468483  
Publisher  
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2016  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2015  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
 
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
H. pyloriのがん蛋白質CagA分解を司るautophagyの宿主細胞シグナルは, VacA受容体であるLRP1が, リソソーム産生亢進を仲介することで, autophagosomeとautolysosomeの融合起点において重要な役割を担うことを明らかとした。さらにLRP1への結合を介して, LRP1によるautophagy発現シグナルを不に制御する分子を見出し, この分子の過剰発現細胞はCagAを特異的に蓄積させるのみならず, CD44v9発現を惹起させることを明らかとした。本研究成果により, CagA蓄積とCD44v9発現亢進に繋がる極めて重要な宿主細胞キャラクターが同定された。
Intracellular CagA is degraded by autophagy. CagA-degradin autophagy was suppressed in CD44v9-expressing host cells, resulting in the specific accumulation of CagA in these cells. This autophagic pathway was activated by VacA via binding to LRP1. During autophagy, LRP1 was translocated to the nuclei, and increased the LAMP1 expression via binding to the lamp1 promoter. Specific knockdown of lamp1 decreased the formation of autophagolysosome, leading to the intracellular accumulation of CagA. Additionally, we identified a LRP1-binding protein which binds to LRP1 in the nuclei and suppresses transcription of LAMP1. In cells overexpressing the LRP1-binding protein, autophagy was suppressed and then CagA accumulated. The accumulation of CagA in LRP1-binding protein overexpressing cells caused increased CD44v9 expressions. The expression levels of the LRP1-binding protein determine the intracellular CagA stability associated with the induction of CD44v9 expression.
 
目次

 
キーワード
オートファジー  

がん蛋白質  

ピロリ菌  

CD44  

VacA  

CagA  
NDC
 
注記
研究種目 : 基盤研究(C)(一般)
研究期間 : 2013~2015
課題番号 : 25460173
研究分野 : 細菌学
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
 
本文URI
 
アクセス条件

 
最終更新日
Dec 27, 2016 11:18:43  
作成日
Dec 27, 2016 11:18:43  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2015年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 日本におけるスペ... (371) 1st
2位 新自由主義に抗す... (365)
3位 ロマン主義として... (337)
4位 歌舞伎における後... (310)
5位 『慈照院自歌合』... (273)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 Benchmark 2011 i... (1573) 1st
2位 日本におけるスペ... (1157)
3位 日本における赤痢... (381)
4位 『詩人玉屑』版本... (353)
5位 ジャニーズのアイ... (259)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース