慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_23700384seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_23700384seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :785.0 KB
Last updated :Oct 31, 2013
Downloads : 340

Total downloads since Oct 31, 2013 : 340
 
タイトル
タイトル マウス大脳皮質形成において皮質深部で発現するリーリン蛋白質の機能解析  
カナ マウス ダイノウ ヒシツ ケイセイ ニ オイテ ヒシツ シンブ デ ハツゲンスル リーリン タンパクシツ ノ キノウ カイセキ  
ローマ字 Mausu daino hishitsu keisei ni oite hishitsu shinbu de hatsugensuru ririn tanpakushitsu no kino kaiseki  
別タイトル
名前 Functions of Reelin signal in deep position of developing neocortex  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 廣田, ゆき  
カナ ヒロタ, ユキ  
ローマ字 Hirota, Yuki  
所属 慶應義塾大学・医学部・助教  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 00453548  
Publisher  
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2013  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2012  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
 
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
哺乳類の大脳皮質の発生過程において、リーリンシグナルはニューロンの移動と層形成に重要な機能を有するが、その作用機序には不明な点が多く残されている。本研究では胎生期大脳皮質の深部においてリーリン蛋白質とその受容体ApoER2が発現し、新生ニューロンの形態と移動を制御することを明らかにした。
 
目次

 
キーワード
大脳皮質  

ニューロン移動  

リーリンシグナル  
NDC
 
注記
研究種目 : 若手研究(B)
研究期間 : 2011~2012
課題番号 : 23700384
研究分野 : 神経発生生物学
科研費の分科・細目 : 脳神経科学・神経科学一般
 
言語
日本語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
 
本文URI
 
アクセス条件

 
最終更新日
Oct 30, 2013 09:00:00  
作成日
Oct 30, 2013 09:00:00  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2012年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 日本におけるスペ... (371) 1st
2位 新自由主義に抗す... (365)
3位 ロマン主義として... (337)
4位 歌舞伎における後... (310)
5位 『慈照院自歌合』... (273)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 Benchmark 2011 i... (1573) 1st
2位 日本におけるスペ... (1157)
3位 日本における赤痢... (381)
4位 『詩人玉屑』版本... (353)
5位 ジャニーズのアイ... (259)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース