慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_16K09107seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_16K09107seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :140.7 KB
Last updated :Oct 31, 2019
Downloads : 11

Total downloads since Oct 31, 2019 : 11
 
タイトル
タイトル インジウム曝露による腎肝への影響に関する疫学研究  
カナ インジウム バクロ ニ ヨル ジンカン エノ エイキョウ ニ カンスル エキガク ケンキュウ  
ローマ字 Injiumu bakuro ni yoru jinkan eno eikyō ni kansuru ekigaku kenkyū  
別タイトル
名前 Chronic effects on the kidneys and liver in indium-exposed workers  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 中野, 真規子  
カナ ナカノ, マキコ  
ローマ字 Nakano, Makiko  
所属 慶應義塾大学・医学部 (信濃町) ・講師  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 70384906  

名前 大前, 和幸  
カナ オオマエ, カズユキ  
ローマ字 Ōmae, Kazuyuki  
所属  
所属(翻訳)  
役割 Collaborator  
外部リンク  

名前 田中, 昭代  
カナ タナカ, アキヨ  
ローマ字 Tanaka, Akiyo  
所属  
所属(翻訳)  
役割 Collaborator  
外部リンク  

名前 平田, 美由紀  
カナ ヒラタ, ミユキ  
ローマ字 Hirata, Miyuki  
所属  
所属(翻訳)  
役割 Collaborator  
外部リンク  

名前 岩澤, 聡子  
カナ イワサワ, サトコ  
ローマ字 Iwasawa, Satoko  
所属  
所属(翻訳)  
役割 Collaborator  
外部リンク  
Publisher  
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2019  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2018  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
 
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
本研究はIn曝露作業者の腎/肝の慢性影響を検討した。参加者の平均年齢43歳、血清In濃度(In-S)5.0ng/ml(範囲<0.1-45.2)、KL-6 403U/ml(範囲143-1940)、参加者をIn-S別4群(低・中・高・超高濃度群:In-S<1, 1≦In-S<3, 3≦In-S<20, 20≦In-S)に分類した。
腎癌罹患はなく、In-SとALP(r=0.331)、In-SとシスタチンC(r=0.446)の間に弱い相関を認め、In-SとシスタチンCの所見率との間に量反応関係の傾向を認めたが、年齢調整後関連はなくなった。高/超高濃度群のn数が少ないため、さらなる検討が必要である。
In this study, we examined chronic effects on the kidneys and liver in indium (In)-exposed workers. The average age of the participants (n = 62) was 43 years, their In concentration in serum (In-S) was 5.0 ng/ml (range, <0.1-45.2), and their Krebs von den Lungen-6 (KL-6) was 403 U/ml (range, 143-1940). We divided the subjects into 4 groups according to In-S (Low, Medium, High and Very High groups: In-S<1, 1≦In-S<3, 3≦In-S<20, 20≦In-S, respectively) and compared among the 4 groups. Workers in the Low and Medium groups accounted for 79% of participants. There were no incidents of renal cancer, and there was a weak correlation between In-S and alkaline phosphatase (r=0.331) and Cystatin C (r=0.446). There was a dose-relationship between In-S and Cystatin C, however the relationship was no significant after adjusting for age. Further study is necessary to evaluate chronic effects on the kidneys and liver in the High and Very High In-S groups.
 
目次

 
キーワード
インジウム  

腎  

肝  
NDC
 
注記
研究種目 : 基盤研究 (C) (一般)
研究期間 : 2016~2018
課題番号 : 16K09107
研究分野 : 産業疫学
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
 
本文URI
 
アクセス条件

 
最終更新日
Oct 31, 2019 16:16:26  
作成日
Oct 31, 2019 11:00:52  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Oct 31, 2019    インデックス を変更
Oct 31, 2019    著者 名前,著者 カナ,著者 ローマ字,著者 所属,著者 所属(翻訳),著者 役割,著者 外部リンク,著者 著者ID,抄録 内容,注記 を変更
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2018年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 新自由主義に抗す... (371) 1st
2位 日本におけるスペ... (365)
3位 ロマン主義として... (339)
4位 歌舞伎における後... (309)
5位 『慈照院自歌合』... (293)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 Benchmark 2011 i... (1576) 1st
2位 日本におけるスペ... (1295)
3位 日本における赤痢... (384)
4位 『詩人玉屑』版本... (353)
5位 モスクワオリンピ... (287)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース