慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_15K19231seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_15K19231seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :725.8 KB
Last updated :Sep 21, 2017
Downloads : 54

Total downloads since Sep 21, 2017 : 54
 
タイトル
タイトル 遺伝子多型と代謝プロファイルの関連解析に基づく高尿酸血症の予防医学研究  
カナ イデンシ タケイ ト タイシャ プロファイル ノ カンレン カイセキ ニ モトズク コウニョウサン ケツショウ ノ ヨボウ イガク ケンキュウ  
ローマ字 Idenshi takei to taisha purofairu no kanren kaiseki ni motozuku konyosan ketsusho no yobo igaku kenkyu  
別タイトル
名前 Genome-metabolome association study for hyperuricemia  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 原田, 成  
カナ ハラダ, セイ  
ローマ字 Harada, Sei  
所属 慶應義塾大学・医学部・助教  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 10738090  
Publisher  
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2017  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2016  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
 
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
鶴岡市民を対象としたコホート研究における大規模血漿メタボロミクス・プロファイルを用いて, 尿酸関連遺伝子多型-血漿メタボローム-血清尿酸値の関連を検討した。血漿メタボロームと血清尿酸値は広範に関連していることが日本人において初めて示唆された。またABCG2は本集団においても血清尿酸値と関連しており, ABCG2の多型によって, 一部の代謝物と血清尿酸値の関連が, 異なる傾向を示すことが示された。特にジメチルグリシンは男女共通で, ABCG2遺伝子型により尿酸値との関連が逆方向になることが示唆された。今後のさらなる追跡調査により, 遺伝子多型によるオーダーメイド予防医療につながる可能性がある。
The genome-metabolome association study for hyperuricemia was conducted in the large scale metabolomics cohort study in Tsuruoka City, Japan. It was clarified that most of plasma metabolites were associated with the level of serum uric acid in this first study among Japanese. It was also shown that ABCG2 polymorphism was associated with the level of serum uric acid, as well as concentrations of plasma metabolites. The relation between hyperuricemia and plasma metabolomic profile was partly affected by ABCG2 polymorphism. In particular, the relation between hyperuricemia and N,N-dimethylglycine was different by ABCG2 polymorphism in both of male and female. These findings suggest that further researches may proceed the tailor-made preventive medicine using genome and metabolome for hyperuricemia.
 
目次

 
キーワード
メタボローム  

疫学  

遺伝子多型  

個別化医療  

予防医学  

高尿酸血症  

ABCG2  

コホート研究  
NDC
 
注記
研究種目 : 若手研究(B)
研究期間 : 2015~2016
課題番号 : 15K19231
研究分野 : メタボロミクス疫学
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
 
本文URI
 
アクセス条件

 
最終更新日
Sep 21, 2017 15:40:54  
作成日
Sep 21, 2017 15:40:54  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2016年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 日本におけるスペ... (371) 1st
2位 新自由主義に抗す... (365)
3位 ロマン主義として... (337)
4位 歌舞伎における後... (310)
5位 『慈照院自歌合』... (273)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 Benchmark 2011 i... (1573) 1st
2位 日本におけるスペ... (1157)
3位 日本における赤痢... (381)
4位 『詩人玉屑』版本... (353)
5位 ジャニーズのアイ... (259)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース