top link help about koara login
言語選択
flagflag
検索
全文検索(Googleカスタム検索) 詳細検索
インデックスツリー

詳細



ID AN10079809-20130331-0045
アイテムタイプ Article
このアイテムを表示する
画像
本文 AN10079809-20130331-0045.pdf
Type : application/pdf Download
Size : 1.2 MB
Last updated : May 22, 2013
Downloads : 5552

Total downloads since May 22, 2013 : 5552
URI
タイトル シンチレーションカウンターを用いたαとβ線の同時強度測定実験
別タイトル
An experiment on simultaneous measurement of α- and β-rays by using scintillation counter
著者
大場, 茂(Oba, Shigeru) 
慶應義塾大学自然科学研究教育センター (Research and Education Center for Natural Sciences, Keio University)
向井, 知大(Mukai, Tomohiro)
慶應義塾大学自然科学研究教育センター (Research and Education Center for Natural Sciences, Keio University)
publisher
出版地 横浜
出版者 慶應義塾大学日吉紀要刊行委員会
日付
出版年: 2013 - 
作成日
更新日
記録日
形態
上位タイトル
慶應義塾大学日吉紀要. 自然科学 (The Hiyoshi review of the natural science). No.53  (2013. 3) ,p.45- 59
識別番号
ISSN
09117237
DOI
URI
抄録 慶應義塾大学日吉キャンパスにおける文系学生を対象とした化学実験のテーマの1つとして, 自然放射線と放射能鉱物に関する実験を2011年度から行っている。この実験では, ガイガーカウンターを使って, KCIなどのサンプルから検出される放射線は, α, β, γ線のうちどれが主であるかを,遮へい材による減衰の程度から判別している。この方法は簡便ではあるが間接的であるため, α線の強度が弱いにしても本当に検出できているのかわからない。そこで, αとβ線を同時にしかも区別して検出できるシンチレーションサーベイメータ(以降, サーベイメータと呼ぶ)を導入し, それぞれに対する遮へい材の効果を調べた。放射能鉱物が近くにあると, サーベイメータの検出窓をアルミ板で遮へいしても, βの計測数が見掛け上かなり増えることが確認された。これはプラスチックシンチレータで, β線だけでなくγ線も検出されるためである。
キーワード
NDC
注記 研究ノート
言語
jpn
資源タイプ text
ジャンル Departmental Bulletin Paper
Index
/ Public / 日吉紀要 / 自然科学 / 53 (2013)
関連アイテム


KeiO Associated Repository of Academic resources ( KOARA ) -2008-
riken xoonips