慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

Home  »»  Listing item  »»  Detail

Detail

Item Type Article
ID
AN00234698-20081000-0121  
Preview
Image
thumbnail  
Caption  
Full text
AN00234698-20081000-0121.pdf
Type :application/pdf Download
Size :965.1 KB
Last updated :Dec 9, 2009
Downloads : 8883

Total downloads since Dec 9, 2009 : 8883
 
Title
Title 消費者の理論的選択モデルに関する考察  
Kana ショウヒシャ ノ リロンテキ センタク モデル ニ カンスル コウサツ  
Romanization Shohisha no rironteki sentaku moderu ni kansuru kosatsu  
Other Title
Title Theoretical models of consumer choice  
Kana  
Romanization  
Creator
Name 里村, 卓也  
Kana サトムラ, タクヤ  
Romanization Satomura, Takuya  
Affiliation 慶應義塾大学商学部  
Affiliation (Translated)  
Role  
Link  
Edition
publisher  
Place
東京  
Publisher
Name 慶應義塾大学出版会  
Kana ケイオウ ギジュク ダイガク シュッパンカイ  
Romanization Keio gijuku daigaku shuppankai  
Date
Issued (from:yyyy) 2008  
Issued (to:yyyy)  
Created (yyyy-mm-dd)  
Updated (yyyy-mm-dd)  
Captured (yyyy-mm-dd)  
Physical description
 
Source Title
Name 三田商学研究  
Name (Translated) Mita business review  
Volume 51  
Issue 4  
Year 2008  
Month 10  
Start page 121  
End page 133  
ISSN
0544571X  
ISBN
 
DOI
URI
 
JaLCDOI
NII Article ID
 
Ichushi ID
 
Other ID
 
Doctoral dissertation
Dissertation Number  
Date of granted  
Degree name  
Degree grantor  
Abstract
小論では,消費者の理論的選択モデルについて,近年の研究の中から,いくつかの経済学的選択モデルおよび認知心理学的選択モデルを紹介し,マーケティングでの適用について考察する。経済学的選択モデルでは予算制約下での効用最大化問題を適用することで,ロジットモデルに代表される離散選択モデルや複数商品選択モデルを同一のフレームワークで導けることが説明される。また認知心理学的選択モデルでは多選択肢意思決定場理論モデルが「魅力効果」「類似効果」「妥協効果」という文脈効果を説明可能なことが示される。このような,ひとつのフレームワークから多様な選択行動を説明できる理論モデルの発展について展望する。
 
Table of contents

 
Keyword
消費者選択モデル  

予算制約  

効用最大化  

意思決定過程  

文脈効果  

多選択肢意思決定場理論  
NDC
 
Note
樫原正勝教授退官記念号
論文
 
Language
日本語  
Type of resource
text  
Genre
Journal Article  
Text version
 
Full text URI
 
Access conditions

 
Last modified date
Dec 09, 2009 09:00:00  
Creation date
Dec 09, 2009 09:00:00  
Registerd by
mediacenter
 
History
 
Index
/ Public / 商学部 / 三田商学研究 / 51 (2008) / 51(4) 200810
 
Related to