慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
AN00234610-20171001-0025  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
AN00234610-20171001-0025.pdf
Type :application/pdf Download
Size :501.9 KB
Last updated :Oct 1, 2018
Downloads : 113

Total downloads since Oct 1, 2018 : 113
 
タイトル
タイトル 物価水準の財政理論からみた日本の財政  
カナ ブッカ スイジュン ノ ザイセイ リロン カラ ミタ ニホン ノ ザイセイ  
ローマ字 Bukka suijun no zaisei riron kara mita Nihon no zaisei  
別タイトル
名前 Understanding Japan's fiscal situation from the viewpoint of the fiscal theory of the price level  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 土居, 丈朗  
カナ ドイ, タケロウ  
ローマ字 Doi, Takero  
所属 慶應義塾大学経済学部  
所属(翻訳) Faculty of Economics, Keio University  
役割  
外部リンク  
publisher  
出版地
東京  
出版者
名前 慶應義塾経済学会  
カナ ケイオウ ギジュク ケイザイ ガッカイ  
ローマ字 Keio gijuku keizai gakkai  
日付
出版年(from:yyyy) 2017  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
 
上位タイトル
名前 三田学会雑誌  
翻訳 Mita journal of economics  
110  
3  
2017  
10  
開始ページ 229(25)  
終了ページ 246(42)  
ISSN
00266760  
ISBN
 
DOI
URI
 
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
本稿では, 物価水準の財政理論(The fiscal theory of the price level : FTPL)の含意と, わが国における妥当性を考察する。FTPLに基づくと, デフレ脱却のために政府債務の返済を先送りすると, 目下のデフレを深刻化させることや, 国債の発行と償還を変えずに現在のマネタリーベースだけを増やすと, 現在の物価水準は低下することを明らかにした。さらに, そもそもわが国でFTPLは成り立つのかという問いもある。わが国の財政・金融政策の運営スタンスを, マルコフスイッチングモデルを用い検証すると, 第2次安倍内閣以降では, FTPLが想定する前提が成り立っていないことがわかった。わが国ではFTPLを前提とした議論は, 目下妥当ではないといえる。
This paper investigates the implications of the fiscal theory of the price level (FTPL) and its applicability to Japan's fiscal situation. In Japan, since the beginning of 2017, discussions about fiscal and monetary policy based on the FTPL have been somewhat misleading. We find that under the FTPL, when the government postpones the redemption of government bonds to reduce the current fiscal burden and stop deflation, the price level further decreases. Furthermore, under the FTPL, the current price level may decline only when the current monetary base increases without changes in the schedule of issuance and redemption of government bonds.
There is thus a fundamental question here : Does the FTPL hold water in Japan? The FTPL holds water when the fiscal policy is non-Ricardian and monetary policy is "passive" (the interest rate does not react sufficiently to the inflation rate). We examine the position of the fiscal and monetary policies using a Markov switching model. From the results, we find that Japan's monetary policy is passive but its fiscal policy is not non-Ricardian after 2013 (the second Abe administration). This means that the FTPL does not hold water for this period, and policy discussions based on the FTPL are not valid.
 
目次

 
キーワード
物価水準の財政理論  

財政の持続可能性  

通貨発行益  

国債管理政策  

fiscal theory of price level  

Ricardian fiscal policy  

seigniorage  

government debtmanagement  

Markov switching model  
NDC
 
注記
特集 : 財政危機と金融危機のコンテイジョンと危機管理対応
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Journal Article  
著者版フラグ
 
本文URI
 
アクセス条件

 
最終更新日
Oct 01, 2018 12:39:07  
作成日
Feb 02, 2018 16:52:15  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Feb 2, 2018    インデックス を変更
Oct 1, 2018    本文,版,抄録 内容,本文URI URI を変更
 
インデックス
/ Public / 経済学部 / 三田学会雑誌 / 110 (2017) / 110(3) 201710
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 ジャニーズのアイ... (365) 1st
2位 新自由主義に抗す... (223)
3位 ロマン主義として... (205)
4位 犯罪とわが国民性 (188)
5位 The practice of ... (183)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 東シナ海の航空交... (422) 1st
2位 オリエンタル銀行... (349)
3位 ジャニーズのアイ... (302)
4位 ODATE GAME : cha... (240)
5位 日本市場における... (197)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース