慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

Home  »»  Listing item  »»  Detail

Detail

Item Type Article
ID
AN00003152-00000064-0033  
Preview
Image
thumbnail  
Caption  
Full text
AN00003152-00000064-0033.pdf
Type :application/pdf Download
Size :456.8 KB
Last updated :Apr 25, 2012
Downloads : 1920

Total downloads since Apr 25, 2012 : 1920
 
Title
Title 無線綴じ図書の損傷原因 : 慶應義塾図書館の蔵書を対象とした状態調査  
Kana ムセン トジ トショ ノ ソンショウ ゲンイン : ケイオウ ギジュク トショカン ノ ゾウショ オ タイショウ ト シタ ジョウタイ チョウサ  
Romanization Musen toji tosho no sonsho genin : Keio gijuku toshokan no zosho o taisho to shita jotai chosa  
Other Title
Title Reasons for deterioration of adhesive bound books : collection condition survey in the Keio University Library  
Kana  
Romanization  
Creator
Name 岡田, 将彦  
Kana オカダ, マサヒコ  
Romanization Okada, Masahiko  
Affiliation 慶應義塾大学文学部図書館・情報学専攻  
Affiliation (Translated) School of Library and Information Science, Keio University  
Role  
Link  

Name 安形, 麻理  
Kana アガタ, マリ  
Romanization Agata, Mari  
Affiliation 慶應義塾大学文学部図書館・情報学専攻  
Affiliation (Translated) School of Library and Information Science, Keio University  
Role  
Link  

Name 小島, 浩之  
Kana コジマ, ヒロユキ  
Romanization Kojima, Hiroyuki  
Affiliation 東京大学大学院経済学研究科・経済学部資料室  
Affiliation (Translated) Graduate School of Economics, The University of Tokyo  
Role  
Link  

Name 谷藤, 優美子  
Kana タニフジ, ユミコ  
Romanization Tanifuji, Yumiko  
Affiliation 慶應義塾大学三田メディアセンター  
Affiliation (Translated) Keio University Library  
Role  
Link  

Name 上田, 修一  
Kana ウエダ, シュウイチ  
Romanization Ueda, Shuichi  
Affiliation 慶應義塾大学文学部図書館・情報学専攻  
Affiliation (Translated) School of Library and Information Science, Keio University  
Role  
Link  
Edition
Publisher  
Place
東京  
Publisher
Name 三田図書館・情報学会  
Kana ミタ トショカン ジョウホウ ガッカイ  
Romanization Mita toshokan joho gakkai  
Date
Issued (from:yyyy) 2010  
Issued (to:yyyy)  
Created (yyyy-mm-dd)  
Updated (yyyy-mm-dd)  
Captured (yyyy-mm-dd)  
Physical description
 
Source Title
Name Library and information science  
Name (Translated)  
Volume  
Issue 64  
Year 2010  
Month  
Start page 33  
End page 53  
ISSN
03734447  
ISBN
 
DOI
URI
 
JaLCDOI
NII Article ID
 
Ichushi ID
 
Other ID
 
Doctoral dissertation
Dissertation Number  
Date of granted  
Degree name  
Degree grantor  
Abstract
【目的】図書館における資料保存では, 紙の長期保存が端緒となってさまざまな取り組みがなされてきた。近年, 製本形態も扱った図書の状態調査が始まったが, 無線綴じや接着剤の状態に焦点を当てた調査はほとんどない。しかし, 戦略的な資料保存のためには状態調査が不可欠である。本研究では, 現代の図書の主流である無線綴じの状態を把握するため, (1)専門書を中心に所蔵する大学図書館における無線綴じ図書の割合を明らかにする, (2)損傷状況を明らかにする, (3)損傷の原因を検討する, の3点を目的に調査を行った。
【方法】調査票は, 国立国会図書館による状態調査の調査票を基に, 無線綴じに特化した項目を追加して作成した。調査対象は, 大規模開架図書館である慶應義塾大学三田メディアセンターの蔵書のうち, 1962年以降に受入した図書とした。1960年代から2000年代までの10年ごとの資料群から, ドロットのランダムサンプリング法を用いて, 和書(日本語・中国語・朝鮮語)・洋書400点ずつ, 合計4, 000点を抽出した。6名の調査者が, 調査票にしたがい, 標本を調査した。
【結果】調査の結果からは, 和書・洋書ともに, ソフトカバー・ハードカバーにかかわらず無線綴じの割合が一貫して増加していること, 洋書の方が無線綴じの採用時期は早かったが, その後の増加率は緩やかであること, 現在では和書の方が無線綴じの割合が高く, 2000年代には全体の75.3%(ソフトカバーでは94.8%)に達すること, などが明らかになった。無線綴じに特徴的な損傷である背割れの割合は和書の方が高かったが, 和書・洋書ともに出版後間もない2000年代の図書でも生じているという全体的な傾向は共通していた。分析の結果, 貸出回数が背割れの大きな要因であることが明らかとなった。
 
Table of contents

 
Keyword
 
NDC
 
Note
原著論文
 
Language
日本語  
Type of resource
text  
Genre
Journal Article  
Text version
 
Full text URI
 
Access conditions

 
Last modified date
Apr 25, 2012 09:00:00  
Creation date
Apr 25, 2012 09:00:00  
Registerd by
mediacenter
 
History
 
Index
/ Public / Faculty of Letters / Library and information science / 64 (2010)
 
Related to