慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
AA12113622-00000145-0001  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
AA12113622-00000145-0001.pdf
Type :application/pdf Download
Size :1.2 MB
Last updated :Apr 27, 2007
Downloads : 1122

Total downloads since Apr 27, 2007 : 1122
 
タイトル
タイトル CO2 emission from solar power satellite  
カナ  
ローマ字  
別タイトル
名前  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 Asakura, Keiichiro  
カナ  
ローマ字  
所属 Institute of Economic Research, Hitotsubashi University  
所属(翻訳)  
役割  
外部リンク  

名前 Collins, Patrick  
カナ  
ローマ字  
所属 Department of Environmental Policy, Azabu University  
所属(翻訳)  
役割  
外部リンク  

名前 野村, 浩二  
カナ ノムラ, コウジ  
ローマ字 Nomura, Koji  
所属 Keio Economic Observatory, Keio University  
所属(翻訳)  
役割  
外部リンク  

名前 早見, 均  
カナ ハヤミ, ヒトシ  
ローマ字 Hayami, Hitoshi  
所属 Keio Economic Observatory, Keio University  
所属(翻訳)  
役割  
外部リンク  

名前 吉岡, 完治  
カナ ヨシオカ, カンジ  
ローマ字 Yoshioka, Kanji  
所属 Keio Economic Observatory, Keio University  
所属(翻訳)  
役割  
外部リンク  
 
出版地
 
出版者
名前 Keio Economic Observatory, Sangyo Kenkyujo, Keio University  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2002  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
[1], 16 p.  
上位タイトル
名前 KEO discussion paper. G : 『アジア地域における経済および環境の相互依存と環境保全に関する学際的研究』  
翻訳 KEO discussion paper. G : "Inter-disciplinary studies for sustainable development in Asian countries"  
 
G-145  
 
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
 
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
Solar power generation, especially space solar power, is one of the most promising alternative technologiesfor reducing CO2 emissions. However its potential is not obvious, because the launching ofsatellites consumes rocket fuel, and because solar panel production also involves energy consumption.For this paper we calculated CO2 emissions through the life cycle of a Solar Power Satellite (SPS),which comprises production of rocket fuel, solar panels, construction of Rectenna (power receivingantenna), satellite and all equipment listed in the NASA/DOE Reference System. The calculationalso includes indirect CO2 emissions estimated from 1990 Japanese Input-Output Tables broken downinto 405 sectors.The baseline scenario shows that CO2 emissions from SPS per unit of energy generated, at 20gCO2 per kWh, is almost the same as from nuclear power systems at 22g CO2 per kWh, and muchless than LNG-fired power generation at 631g CO2 per kWh, and coal-fired energy at 1,225g CO2per kWh. Furthermore, the SPS-Breeder scenario (in which installed Solar Power Satellites supplyelectricity for producing further SPS units) shows significant improvement in CO2 emissions at only11g per kWh.In spite of Japan's high dependence on nuclear power (which currently provides 32 % of the totalelectricity supplied), electricity causes one fourth of Japan's total CO2 emissions. This paper suggeststhat the SPS is the most effective alternative technology for further CO2 reduction in electric powergeneration.
 
目次

 
キーワード
Solar Power Satellite (SPS)  

NASA/DOE Reference System  

Life Cycle Assessment(LCA)  

CO2 emissions  

alternative technology  

power generation  
NDC
 
注記
表紙に"Research for the Future Program (RFTF), Japan Society for the Promotion of Science (JSPS)"の表示あり
 
言語
英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Technical Report  
著者版フラグ
 
本文URI
 
アクセス条件

 
最終更新日
 
作成日
Apr 27, 2007 10:13:23  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
 
インデックス
/ Public / 産業研究所 / KEO discussion paper. G / G1-G159
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 「劣等生からの謝... (637) 1st
2位 ジャニーズのアイ... (323)
3位 中世イスラーム世... (243)
4位 ロマン主義として... (241)
5位 犯罪とわが国民性 (229)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 BUILDING PUBLIC ... (257) 1st
2位 ODATE GAME : cha... (172)
3位 新自由主義に抗す... (156)
4位 ジャニーズのアイ... (153)
5位 一九三〇年代にお... (120)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース