慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

Home  »»  Listing item  »»  Detail

Detail

Item Type Article
ID
AA1203413X-20050315-0189  
Preview
Image
thumbnail  
Caption  
Full text
AA1203413X-20050315-0189.pdf
Type :application/pdf Download
Size :193.5 KB
Last updated :May 15, 2007
Downloads : 2190

Total downloads since May 15, 2007 : 2190
 
Title
Title フランス法における保証人に対する情報提供 : 近時の状況及び将来の改革の展望  
Kana フランス ホウ ニオケル ホショウニン ニ タイスル ジョウホウ テイキョウ : キンジ ノ ジョウキョウ オヨビ ショウライ ノ カイカク ノ テンボウ  
Romanization Furansu ho niokeru hoshonin ni taisuru joho teikyo : kinji no jokyo oyobi shorai no kaikaku no tenbo  
Other Title
Title L'information de la caution en droit français : évolutions réentes d'une réforme à venir  
Kana  
Romanization  
Creator
Name Crocq, Pierre  
Kana クロック, ピエール  
Romanization  
Affiliation Université Paris II  
Affiliation (Translated) パリ第二大学  
Role Author  
Link  

Name 平野, 裕之  
Kana ヒラノ, ヒロユキ  
Romanization Hirano, Hiroyuki  
Affiliation 慶應義塾大学大学院法務研究科  
Affiliation (Translated) Keio Law School  
Role Translator  
Link  
Edition
 
Place
 
Publisher
Name 慶應義塾大学大学院法務研究科  
Kana ケイオウ ギジュク ダイガク ダイガクイン ホウム ケンキュウカ  
Romanization Keio gijuku daigaku daigakuin homu kenkyuka  
Date
Issued (from:yyyy) 2005  
Issued (to:yyyy)  
Created (yyyy-mm-dd)  
Updated (yyyy-mm-dd)  
Captured (yyyy-mm-dd)  
Physical description
 
Source Title
Name 慶應法学  
Name (Translated) Keio law journal  
Volume  
Issue 2  
Year 2005  
Month 3  
Start page 189  
End page 236  
ISSN
18800750  
ISBN
 
DOI
URI
 
JaLCDOI
NII Article ID
 
Ichushi ID
 
Other ID
 
Doctoral dissertation
Dissertation Number  
Date of granted  
Degree name  
Degree grantor  
Abstract

 
Table of contents
序 論
(1) 保証の問題性
(2) 保証人保護をめぐる判例・立法
(a) 初期
(b) 保証人保護への転換期
(c) 調整期
(d) 債権者保護への転換期
Ⅰ 保証契約締結に際する保証人に対する情報提供
A 主たる債務者の支払能力についての情報提供
(1) 錯誤無効の援用
(a) 原則として錯誤無効は認められない
(b) 新しい傾向の萌芽
(2) 詐欺的沈黙
(a) 要件1――主たる債務者の再建不能
(b) 要件2――債権者の悪意
(c) 要件3――沈黙の結果として保証がされたこと
(d) 要件4――保証人が知りえなかったこと
B 保証人へのその保証契約の結果についての情報提供
(1) 2003年8月1日の法律以外の手書きの記載の要件
(a) この要件の適用領域
(b) この要件の妥当範囲
(ア) 特別規定がなく民法1326条が適用される場合――証明準則
(イ) 判例による要件の軽減
(c) この要件の内容
(ア) 包括的な保証
(イ) 特定保証
(2) 2003年8月1日の法律による手書きの記載の要件
(a) この新しい要件の適用範囲
(b) この新しい要件の法的妥当範囲
(c) この新しい要件の内容
Ⅱ 保証契約の履行に際しての保証人への情報提供
A 保証人になっていることを忘れてしまうことに対する保護
(1) 毎年の債務状況の通知義務、任意解約権の通知義務 
(2) 判例によるこの義務の重要性の軽減
(a) 義務履行の証明について
(b) 義務違反のサンクション
(ア) 当初の判決――追加的規定
(イ) その後の判決による変更――このサンクションに限定
(c) 毎年の債務状況の通知義務の適用範囲
(ア)当初は事業資金の融資に限定
(イ)適用範囲の拡大
B 主たる債務者の不払いを保証人が知らないことに対する保護
(1) 1998年までの法状況
(a) 消費法典の規定
(b) 賃貸保証についての規定
(2) 1998年7月29日の法律による拡大
 
Keyword
 
NDC
 
Note

 
Language
日本語  
Type of resource
text  
Genre
Departmental Bulletin Paper  
Text version
 
Full text URI
 
Access conditions

 
Last modified date
May 20, 2008 20:42:47  
Creation date
May 15, 2007 17:45:28  
Registerd by
mediacenter
 
History
May 20, 2008    フリーキーワード, 目次, ジャンル を変更
 
Index
/ Public / 法務研究科 / 慶應法学 / 2 (200503)
 
Related to