慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
2017000002-20170356  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
2017000002-20170356.pdf
Type :application/pdf Download
Size :134.2 KB
Last updated :Feb 22, 2019
Downloads : 19

Total downloads since Feb 22, 2019 : 19
 
タイトル
タイトル 有機化学的アプローチによる高機能性オンデマンド型ベシクルの開発  
カナ ユウキ カガクテキ アプローチ ニ ヨル コウキノウセイ オンデマンドガタ ベシクル ノ カイハツ  
ローマ字 Yūki kagakuteki apurōchi ni yoru kōkinōsei ondemandogata beshikuru no kaihatsu  
別タイトル
名前 Development of highly functional on-demand vesicles by synthetic approaches  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 伴野, 太祐  
カナ バンノ, タイスケ  
ローマ字 Banno, Taisuke  
所属 慶應義塾大学理工学部助教(有期)  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク  
Publisher  
出版地
 
出版者
名前 慶應義塾大学  
カナ ケイオウ ギジュク ダイガク  
ローマ字 Keiō gijuku daigaku  
日付
出版年(from:yyyy) 2018  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 学事振興資金研究成果実績報告書  
翻訳  
 
 
2017  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
 
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
分子内に親水基と疎水基を併せ持つ両親媒性分子が水中で形成するベシクルは, 化学物質の輸送体やセンサーとして機能することから, 創薬・医学分野, 分析化学分野において注目を集めている。しかし既往の化合物では, ベシクルの安定性と, それが環境に応答して内包物を放出したり, 形態を変化したりするといった機能性とを両立できておらず, そのジレンマを解消する有力な手法は未だに存在しない。そこで本研究では, 優れた構造安定性と環境応答性を併せ持つ高機能性オンデマンド型ベシクルの創製を目的に, 新たな両親媒性分子の開発を行った。
伴野のグループでは, エステル結合を有する重合性の両親媒性分子を有機合成し, それからなるベシクルについて温度を変化させて観察を行った。室温から昇温させるとベシクルは崩壊したが, その後新たに球状のベシクルが形成し, 室温への降温および室温からの再昇温過程においては崩壊せずに, 長球状や梨状, 球状へと変形することを見出した。ベシクル分散液の組成を調べたところ, 両親媒性分子由来の加水分解物の生成が認められ, これの生成量が一定以上になると温度に応答して変形するベシクルが自発的に形成することがわかった(第68回コロイドおよび界面化学討論会にて口頭発表)。
高橋のグループでは, 独自に開発した触媒的かつ立体選択的β-マンノシル化反応を活用することで, 当初の計画通り, マンノース構造と脂肪酸鎖長が種々異なる計20種類の天然糖脂質(MEL類)の網羅的な全合成を達成した(J. Org. Chem. 2018, in press.)。さらに, これらのベシクル形成能を評価した結果, 脂肪酸鎖長の微細な違いがMELのベシクル形成に大きく影響を与えることを初めて見出した(日本化学会第98春季年会にて口頭発表(伴野らとの共著))。
以上, 本研究は当初の計画以上に進行し, 目的とする高機能性オンデマンド型ベシクルを創製する上での有用な知見を得ることに成功した。
Micrometer-sized giant vesicles (GVs) composed of amphiphilic compounds having hydrophilic and hydrophobic groups have been drawn much attention as transporters of chemical substances and chemical sensors. However, there is no report about GVs having the stability and the functionality, such as releasing inclusions and changing the morphology in response to external stimuli. In this study, we have developed new amphiphilic compounds through a synthetic approach for creation of highly functional on-demand vesicles having both excellent structural stability and environmental responsiveness. We found that temperature-dependent deformable GVs composed of an equimolar amount of polymerizable amphiphiles having an ester linkage and non-reactive amphiphiles were generated through the thermal stimulation. In addition, by applying stereoselective reactions using aromatic borinic acids as a catalyst, we have successfully synthesized a series of mannose-type glycolipids having two fatty acid chains. It was clarified that GVs were formed in water when glycolipids having both specific mannose skeletons and fatty acid chains were used.
 
目次

 
キーワード
 
NDC
 
注記

 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
 
本文URI
 
アクセス条件

 
最終更新日
Feb 22, 2019 13:28:42  
作成日
Feb 21, 2019 16:15:09  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Feb 21, 2019    インデックス を変更
Feb 22, 2019    上位タイトル 名前,抄録 内容,著者 を変更
 
インデックス
/ Public / 塾内助成報告書 / 学事振興基金研究成果実績報告書 / 2017年度
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 新自由主義に抗す... (371) 1st
2位 日本におけるスペ... (365)
3位 ロマン主義として... (339)
4位 歌舞伎における後... (309)
5位 『慈照院自歌合』... (293)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 Benchmark 2011 i... (1576) 1st
2位 日本におけるスペ... (1295)
3位 日本における赤痢... (384)
4位 『詩人玉屑』版本... (353)
5位 モスクワオリンピ... (287)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース