慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
2017000002-20170334  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
2017000002-20170334.pdf
Type :application/pdf Download
Size :120.4 KB
Last updated :Feb 22, 2019
Downloads : 20

Total downloads since Feb 22, 2019 : 20
 
タイトル
タイトル 子どもの発達と子育てのダイナミックス : 実験によるパネルデータ構築と分析  
カナ コドモ ノ ハッタツ ト コソダテ ノ ダイナミックス : ジッケン ニ ヨル パネル データ コウチク ト ブンセキ  
ローマ字 Kodomo no hattatsu to kosodate no dainamikkusu : jikken ni yoru paneru dēta kōchiku to bunseki  
別タイトル
名前 Dynamics of parenting and child development : panel data collection and data analysis from experiments  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 赤林, 英夫  
カナ アカバヤシ, ヒデオ  
ローマ字 Akabayashi, Hideo  
所属 慶應義塾大学経済学部教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク  
Publisher  
出版地
 
出版者
名前 慶應義塾大学  
カナ ケイオウ ギジュク ダイガク  
ローマ字 Keiō gijuku daigaku  
日付
出版年(from:yyyy) 2018  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 学事振興資金研究成果実績報告書  
翻訳  
 
 
2017  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
 
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
本年度においても, 米国及び慶應義塾大学三田キャンパスのある港区で, 親子を対象とした経済実験を実施した。まず, 7月6日に, 共同研究者Vipul Bhatt氏のいる米国James Madison大学からの研究倫理委員会の承認が得られた。次に昨年同様, 実験場所である米国ウェストバージニア州の小さな町に出張し, Bhatt氏および田村輝之氏と共同で, 47ペアを対象に, 8月7-8日に実験を実施した。
次に, 1月20-21日, 3月10-11日に, 三田キャンパスで経済実験を行った。どちらの日程においても, 研究打ち合わせ及び実験担当のために, 共同研究者の中村亮介氏を福岡から招請した。また, 実験実施に際して11人の方をアルバイトとして雇用(または謝金での支払)をした。長時間にわたる実験の説明の前には, アルバイトに対して数回にわたり打ち合わせも行った。
得られたデータは, アルバイト4人による入力・整合性チェックに加え, 外部業者によるスキャン画像化を行った。スキャン画像化は, 実験結果の保管と後の整合性チェック作業の効率化のために必須である。
研究発表としては, 過去に日本で行った同様のデータを分析した結果を論文にまとめて, 6月にFirst Meetings of the Society of Economics of the Household (San Diego)において共同研究者の中村氏が, 9月の日本経済学会(青山学院大学)において共同研究者の田村輝之氏が, それぞれ研究発表を行った。
We conducted economic experiments at Mita campus and in a small town in West Virginia, US. US experiment was done on August 8th and 9th on 47 parent-child pairs with our collaborators, Vipul Bhatt and Teruyuki Tamura, after the approval of James Madison University. Then we conducted similar experiments at Mita campus on Jan. 20-21th, and March 10-11th. Our collaborator, Ryosuke Nakamura, was invited from Fukuoka, and 11 assistants were employed to support the experiment. The data were processed and cleaned by 4 assistants, and the experiment result sheets were made to PDF file by an outside agent. We presented out research paper based on the data obtained from previous experiments at First Meetings of the Society of Economics of the Household (San Diego) in June by Ryosuke Nakamura, and at Japan Economic Association Annual Meeting (Aoyama Gakuin U.) in September by Teruyuki Tamura.
 
目次

 
キーワード
 
NDC
 
注記

 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
 
本文URI
 
アクセス条件

 
最終更新日
Feb 22, 2019 13:00:48  
作成日
Feb 21, 2019 16:13:19  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Feb 21, 2019    インデックス を変更
Feb 22, 2019    上位タイトル 名前,抄録 内容,著者 を変更
 
インデックス
/ Public / 学事振興資金研究成果実績報告書 / 2017年度
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 ジャニーズのアイ... (365) 1st
2位 新自由主義に抗す... (223)
3位 ロマン主義として... (205)
4位 犯罪とわが国民性 (188)
5位 The practice of ... (183)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 東シナ海の航空交... (422) 1st
2位 オリエンタル銀行... (349)
3位 ジャニーズのアイ... (302)
4位 ODATE GAME : cha... (240)
5位 日本市場における... (197)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース