慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
2017000001-20170072  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
2017000001-20170072.pdf
Type :application/pdf Download
Size :119.7 KB
Last updated :Feb 21, 2019
Downloads : 17

Total downloads since Feb 21, 2019 : 17
 
タイトル
タイトル 「国民皆保険の持続性」と「イノベーションの推進」の両立に向けた政策研究  
カナ 「コクミン カイホケン ノ ジゾクセイ」 ト 「イノベーション ノ スイシン」 ノ リョウリツ ニ ムケタ セイサク ケンキュウ  
ローマ字 "Kokumin kai hoken no jizokusei" to "inobēshon no suishin" no ryōritsu ni muketa seisaku kenkyū  
別タイトル
名前 A policy study to achieve both sustainable national health insurance system and promotion of innovation  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 中村, 洋  
カナ ナカムラ, ヒロシ  
ローマ字 Nakamura, Hiroshi  
所属 慶應義塾大学大学院経営管理研究科教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク  
Publisher  
出版地
 
出版者
名前 慶應義塾大学  
カナ ケイオウ ギジュク ダイガク  
ローマ字 Keiō gijuku daigaku  
日付
出版年(from:yyyy) 2018  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 学事振興資金研究成果実績報告書  
翻訳  
 
 
2017  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
 
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
日本政府の厳しい財政状況を考えれば, 製薬企業の研究開発インセンティブを低下させることなく, 薬剤費上昇を抑制することは, 政策上重要な課題である。
そこで, 本研究では, 日本の製薬企業のリスク回避度をインタビュー調査にて推定した。次に, 薬価算定のリスクを軽減することで, どの程度, 研究開発インセンティブに影響を与えるかをシミュレーション分析にて調査した。最後に, 上記の結果の頑強性チェックを, 異なるリスク回避度に関する仮定, 異なるリスク度などを使って, 行った。
考察の結果は, 以下のとおりである。第一に, インタビュー調査により, 製薬企業がリスク回避的な傾向を持つことが明らかになった。
第二に, 相対的なリスク回避度一定などの仮定の下, (基準の薬価水準を100とした場合)10%の薬価のリスクに対する確実性等価の薬価は97となるという結果が得られた。すなわち, 薬価のリスクを低減することで, 薬価が3%低下しても, 製薬企業の研究開発インセンティブは維持されることが分かった。言い換えれば, 薬価の予見性を高めることで研究開発インセンティブを向上させる可能性ならびに, 薬価を下げても研究開発インセンティブを維持できる可能性が指摘される。
第三に, 上記の結果を異なる効用関数ならびに異なるリスク度でシミュレーションを行ったが, 大きな結果は変わらなかった。
政策的なインプリケーションとしては, 薬剤費の上昇抑制と製薬企業の研究開発インセンティブの維持・向上を両立させることができること, あるいは, 薬価抑制策が実施されても薬価の予見性を高めることで製薬企業の研究開発インセンティブの維持・向上が実現できることが示唆される。薬価の予見性を高めるためには, 産官の対話ならびに情報の共有が求められる。
Considering the severe financial situation that the government faces, analyzing how to achieve lower national health expenditures without hindering the R&D incentives of pharmaceutical firms is very important. To seek such a policy measure, this paper focuses on reimbursement drug price risk that pharmaceutical firms face.
The purpose of this paper is threefold. First, we conduct an original questionnaire survey to collect data on attitudes toward risk of pharmaceutical firms in Japan. Second, with the collected data, we do numerical simulations to quantify the effect of reducing reimbursement drug price risk on the R&D incentives of those firms. Lastly, we check the robustness of the results obtained by considering a different class of utility function and increased price risk.
The following results emerged. First, the result of an interview-based questionnaire survey supports the claim that pharmaceutical firms are risk averse.
Second, given this observation and under constant relative risk aversion utility function and the constant discount rate, the certainty equivalent drug price and the associated risk premium are calculated for a firm facing a 10% price risk regarding initial entry drug price of 100 (ranging from 90 to 110). We find that the certainty equivalent drug price is 97.0. This means that the initial entry drug price of 100 in the presence of a 10% price risk is equivalent to the initial entry drug price of 97.0 for sure. The associated risk premium is 3.0. This implies that by increasing the predictability on initial entry price, the reimbursement drug price can be lowered by 3% at maximum without reducing the firm's R&D incentives.
Third, sensitivity analyses show that these results are robust to a change in the form of utility function and that the simulated effect increases with the degree of price risk.
An important policy implication is that it is possible to attain both of lower national health expenditures and stronger R&D incentives of pharmaceutical firms by creating appropriate guidelines, enhancing information disclosure and/or extending public-private dialogue.
 
目次

 
キーワード
 
NDC
 
注記

 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
 
本文URI
 
アクセス条件

 
最終更新日
Feb 21, 2019 13:10:02  
作成日
Feb 21, 2019 13:10:02  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Feb 21, 2019    インデックス を変更
 
インデックス
/ Public / 塾内助成報告書 / 学事振興基金研究成果実績報告書 / 2017年度
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 日本におけるスペ... (371) 1st
2位 新自由主義に抗す... (365)
3位 ロマン主義として... (337)
4位 歌舞伎における後... (310)
5位 『慈照院自歌合』... (273)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 Benchmark 2011 i... (1573) 1st
2位 日本におけるスペ... (1157)
3位 日本における赤痢... (381)
4位 『詩人玉屑』版本... (353)
5位 ジャニーズのアイ... (259)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース