慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
2017000001-20170001  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
2017000001-20170001.pdf
Type :application/pdf Download
Size :125.1 KB
Last updated :Jul 30, 2019
Downloads : 27

Total downloads since Jul 30, 2019 : 27
 
タイトル
タイトル BK polyomavirus院内感染の伝播経路の特定と感染拡大防止のための新たな予防法の確立  
カナ BK polyomavirus インナイ カンセン ノ デンパ ケイロ ノ トクテイ ト カンセン カクダイ ボウシ ノ タメ ノ アラタナ ヨボウホウ ノ カクリツ  
ローマ字 BK polyomavirus innai kansen no denpa keiro no tokutei to kansen kakudai bōshi no tame no aratana yobōhō no kakuritsu  
別タイトル
名前 Identification of transmission route of horizontal infection of BK polyomavirus nosocomial infection and stablishment of novel prophylaxis for expansion of infection  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 森, 毅彦  
カナ モリ, タケヒコ  
ローマ字 Mori, Takehiko  
所属 慶應義塾大学医学部臨床教室准教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク  
Publisher  
出版地
 
出版者
名前 慶應義塾大学  
カナ ケイオウ ギジュク ダイガク  
ローマ字 Keiō gijuku daigaku  
日付
出版年(from:yyyy) 2018  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 学事振興資金研究成果実績報告書  
翻訳  
 
 
2017  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
 
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
本前向き臨床研究は倫理委員会で承認され, 現時点で同種造血幹細胞移植を施行した39例が既に登録され, 内3ヶ月以上生存した35例の患者が臨床経過と経時的な抗体価の変化の評価が可能となっている。本研究では内側にBK polyomavirus (BKPyV)のウイルスゲノムを含まないウイルス粒子構造を有する粒子(ウイルス様粒子 : virus-like particle)を用いた抗原をELISAプレートに固相化した測定系を用いて, 患者血清中の抗BKPYV抗体(IgG, IgM)を検出した。また尿中のBKPyVは定性および定量PCRにより検出した。
解析可能な35例中(年齢中央値48歳), 7例の患者がBKPyVによる出血性膀胱炎を発症した(移植後中央値で23日)。7例の内, 移植後に血中の抗BKPyV-IgMの陽転化がみられた症例が3例あり, 入院加療中にBKPyVによる初感染を受けた可能性が示唆された。また出血性膀胱炎を発症していない状況で抗BKPyV-IgMが陽性化している症例もあり, これらの症例では尿中にBKPyVがPCRにより検出された。尿より検出されたBKPyVは塩基配列の相同性から複数の患者で同一株と判定された。相同性に加えて, 液性免疫応答からも初感染が複数の症例が院内で発生していると考えられる結果が得られた。さらなる症例の蓄積を継続し, BKPyV陽性化した患者の周囲環境からのBKPyV検出および分離ウイルスの不活化に関する検討を今後, 予定している。
なお, 今回, 一症例では造血幹細胞移植前より高コピー数のBKPyVが尿中より検出されており, 長期にわたり無症候性に排出がみられた。こういった現象の報告はこれまでになく, 水平感染の源になる可能性があり, より長期の経過をおって, 液性免疫応答との関連性も明らかにしていく。
This prospective clinical study was approved by the ethics committee and 39 patients who underwent allogeneic hematopoietic stem cell transplantation had already been enrolled into the study. Of the patients, 35 patients who survived longer than 3 months after transplantation were evaluable for the clinical course and dynamics of antibody titers against BK polyomavirus (BKPyV). In this study, virus-like particle without viral genome was used to prepare ELISA plate, and specific antibodies (IgG and IgM) against BKPyV were measured serially after transplantation. In addition, BKPyV genome was monitored and detected by using qualitative and quantitative PCR assays.
Of the evaluable 35 patients (median age, 48 years), 7 patients developed hemorrhagic cystitis due to BKPyV, whose median onset day was 23 days post-transplant. In 7 patients, 3 patient yielded positive results of anti-BKPyV-IgM antibody, suggesting the primary infection in these patients. In addition, a population of patients without clinical signs of hemorrhagic cystitis yielded positive results for anti-BKPyV-IgM antibody, and further evaluation detected BKPyV-DNA in the urine of these patients. The homology evaluation confirmed that some BKPyV isolates detected from different patients were identical. In addition to the homology evaluation, these results strongly suggest that humoral reaction also reinforces the possibility of horizontal infection of BKPyV among hematopoietic stem cell transplant recipients. The study is continued to accumulate the cases, and experiments of detecting BKPyV in the hospital environments and inactivation of isolated BKPyV are being prepared.
There was one asymptomatic case of persistent BKPyV viruria before transplantation with high copy numbers of BKPyV in the urine. Such a phenomenon has not been reported, and the possible role of such case in the development of nosocomial infection needs to be investigated. In addition, long-term follow-up is required and the association of humoral immunity in such a case should also be evaluated.
 
目次

 
キーワード
 
NDC
 
注記

 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
 
本文URI
 
アクセス条件

 
最終更新日
Jul 30, 2019 14:14:46  
作成日
Feb 21, 2019 13:07:23  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Feb 21, 2019    インデックス を変更
Jul 30, 2019    著者,上位タイトル 名前,抄録 内容 を変更
Mar 3, 2020    Modified; インデックス.
 
インデックス
/ Public / 塾内助成報告書 / 学事振興基金研究成果実績報告書 / 2017年度
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 新自由主義に抗す... (371) 1st
2位 日本におけるスペ... (365)
3位 ロマン主義として... (339)
4位 歌舞伎における後... (309)
5位 『慈照院自歌合』... (293)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 Benchmark 2011 i... (1576) 1st
2位 日本におけるスペ... (1295)
3位 日本における赤痢... (384)
4位 『詩人玉屑』版本... (353)
5位 モスクワオリンピ... (287)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース