慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

Home  »»  Listing item  »»  Detail

Detail

Item Type Article
ID
0402-1402-0024  
Preview
Image
thumbnail  
Caption  
Full text
0402-1402-0024.pdf
Type :application/pdf Download
Size :2.8 MB
Last updated :Jun 30, 2017
Downloads : 384

Total downloads since Jun 30, 2017 : 384
 
Title
Title エビデンス・ベースド・スポーツの時代  
Kana エビデンス・ベースド・スポーツ ノ ジダイ  
Romanization Ebidensu besudo supotsu no jidai  
Other Title
Title Trend of the evidence-based sports  
Kana  
Romanization  
Creator
Name 仰木, 裕嗣  
Kana オオギ, ユウジ  
Romanization Ogi, Yuji  
Affiliation 慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科准教授; 慶應義塾大学環境情報学部准教授  
Affiliation (Translated) Associate professor, Graduate School of Media and Governance, Keio University; Associate professor, Faculty of Environment and Information Studies, Keio University  
Role  
Link  
Edition
publisher  
Place
藤沢  
Publisher
Name 慶應義塾大学湘南藤沢学会  
Kana ケイオウ ギジュク ダイガク ショウナン フジサワ ガッカイ  
Romanization Keio gijuku daigaku Shonan Fujisawa gakkai  
Date
Issued (from:yyyy) 2014  
Issued (to:yyyy)  
Created (yyyy-mm-dd)  
Updated (yyyy-mm-dd)  
Captured (yyyy-mm-dd)  
Physical description
 
Source Title
Name Keio SFC journal  
Name (Translated)  
Volume 14  
Issue 2  
Year 2014  
Month  
Start page 24  
End page 41  
ISSN
13472828  
ISBN
9784877384555  
DOI
URI
 
JaLCDOI
NII Article ID
 
Ichushi ID
 
Other ID
 
Doctoral dissertation
Dissertation Number  
Date of granted  
Degree name  
Degree grantor  
Abstract
21世紀に入って, オリンピック(五輪)競技をはじめとするスポーツ競技の審判行為に映像技術や, センサ技術が応用され始めている。これによってルールが変更され, テニスなどの競技においては, 選手のプレースタイルにも影響がでてきている。センサ技術は近年の飛躍的な小型化や無線通信機能などの充実によってスポーツスキルの定量化にも貢献している。本稿では, こうした選手の行為, スキルなどを定量化する時代の流れを, エビデンス・ベースド・スポーツと名付け, エビデンス・ベースド・ジャッジメント, エビデンス・ベースド・スポーツコーチング, エビデンス・ベースド・スポーツトレーニングという側面からこれからのスポーツのあり方を未来予想するものである。2020東京オリンピック(東京五輪)・パラリンピック(パラ五輪)では, センサ計測技術にくわえて, 得られた身体運動スキルの膨大なデータから知識を導き出すことも考えられる。また, センサ計測技術, 無線通信技術の飛躍的な発展によって競技のあり方も変わってくるであろう。こうしたテクノロジーが今後どのように発展して, 選手やコーチ, さらには視聴者らに対しての未来予想を提供することが本稿の目的である。またこうしたテクノロジーが今後の高齢化社会において果たす役割についてもふれておく。
 
Table of contents

 
Keyword
エビデンス・ベースド・スポーツ  

慣性センサ  

データマイニング  

運動スキル  
NDC
 
Note
特集 「スポーツ」の多様性を探る#招待論文#スポーツと科学
 
Language
日本語  

英語  
Type of resource
text  
Genre
Journal Article  
Text version
 
Full text URI
 
Access conditions

 
Last modified date
Jun 29, 2017 16:59:56  
Creation date
Jun 29, 2017 16:59:56  
Registerd by
mediacenter
 
History
 
Index
/ Public / Shonan Fujisawa / Keio SFC journal / 14(2) 2014
 
Related to