慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
2019000007-20190099  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
2019000007-20190099.pdf
Type :application/pdf Download
Size :120.0 KB
Last updated :Dec 16, 2022
Downloads : 112

Total downloads since Dec 16, 2022 : 112
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル 都市環境における微生物群集の多様性とダイナミクス  
カナ トシ カンキョウ ニ オケル ビセイブツ グンシュウ ノ タヨウセイ ト ダイナミクス  
ローマ字 Toshi kankyō ni okeru biseibutsu gunshū no tayōsei to dainamikusu  
別タイトル
名前 Diversity and dynamics of microbial communities in urban environments  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 鈴木, 治夫  
カナ スズキ, ハルオ  
ローマ字 Suzuki, Haruo  
所属 慶應義塾大学環境情報学部准教授 (有期)  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク  
 
出版地
 
出版者
名前 慶應義塾大学  
カナ ケイオウ ギジュク ダイガク  
ローマ字 Keiō gijuku daigaku  
日付
出版年(from:yyyy) 2020  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 学事振興資金研究成果実績報告書  
翻訳  
 
 
2019  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
Metagenomics & Metadesign of Subways & Urban Biomes (MetaSUB) 国際コンソーシアムのプロジェクトの一環として、毎年6月21日 Global City Sampling Day (gCSD) に世界の都市交通システムから微生物群集サンプルを採取してきた。2019年6月21日 (金) に日本国内の各都市の人工環境(大学、病院、地下鉄やバスなどの都市交通システム)の表面から微生物群集サンプルを採取した。季節変動を評価するために、ラグビーワールドカップ日本大会(2019年9月20日から11月2日)開催期間前後(秋/冬)に、gCSD(夏)と同じ地点(W杯開催会場に最寄りの公共交通機関)から微生物群集サンプルを採取した。サンプルは、-80°C まで冷却可能な超低温フリーザーに保存した後、FedExのドライアイス梱包にて米国 Weill Cornell Medicine に送付した。バッチ効果 batch effect を最小限に抑えるために、サンプル処理(DNAとRNAの抽出、ライブラリ調製、Illumina HiSeqシステムを用いたショットガン・メタゲノミクス・シークエンシング)は同一施設で実施する。

世界58都市から採取した3,741サンプルの微生物群集メタゲノム配列データを解析し、以下の点を明らかにした (Danko et al., The International MetaSUB Consortium, 2019):
- 都市環境の微生物群集は、人間の皮膚や土壌の微生物群集とは明らかに異なり、ほとんどの都市で共通のコアな61種の微生物を含む。
- マイクロバイオームの由来する都市を91.4%の精度で予測できる。
- 可動性遺伝因子(プラスミド)上の抗菌薬耐性遺伝子の頻度は都市間で数オーダー異なる。

ニューヨーク市(NYC)の地下鉄の表面に最も多く存在する細菌種はPseudomonas stutzeriであった。新たにゲノム配列決定された菌株SCTを含むPseudomonas stutzeri種のゲノム配列比較解析を行い、バイオレメディエーションへの応用可能性を示した (Harada et al. 2019)。
As a part of The MetaSUB (Metagenomics & Metadesign of Subways & Urban Biomes) International Consortium project, the annual Global City Sampling Day (gCSD), we have been collecting samples in built environments such as mass-transit systems around the globe. On Friday, June 21, 2019, microbial community samples were collected from the surfaces of built environments (universities, hospitals, and urban transit systems such as subways and buses) in various cities in Japan. To assess seasonal variation, we collected samples in public transit systems nearby Rugby World Cup 2019 venues. The time frames overlap the Rugby World Cup (from 20th September to 2nd November). The samples were at −80°C and then sent to Weill Cornell Medicine using Deep Frozen Shipping by FedEx. To minimize batch effects, all consortium sample processing (DNA and RNA extraction, library preparation, and shotgun sequencing using Illumina HiSeq systems) occur at the same MetaSUB lab.

We analyzed 3,741 metagenomic samples from built environments in 58 cities (Danko et al., The International MetaSUB Consortium, 2019) and the main findings are as follows:
- The microbial communities of urban environments are clearly different from those of human skin or soils, containing 61 "core" species commonly identified in most cities.
- Metagenomic samples can be classified to their city-of-origin with an accuracy of 91.4%.
- Frequencies of antimicrobial resistance genes present on mobile genetic elements (plasmids) varies across cities by several orders of magnitude.

The most prevalent bacterial species on surfaces across the entire New York City (NYC) subway system was Pseudomonas stutzeri. We performed comparative genomic analysis of the species Pseudomonas stutzeri including its newly sequenced strain SCT, and showed a possible use for bioremediation (Harada et al. 2019).
 
目次

 
キーワード
 
NDC
 
注記

 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Dec 16, 2022 10:40:07  
作成日
Dec 16, 2022 10:40:07  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Dec 16, 2022    インデックス を変更
 
インデックス
/ Public / 塾内助成報告書 / 学事振興資金研究成果実績報告書 / 2019年度
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 文化資本概念の現... (1676) 1st
2位 731部隊と細菌戦 ... (453)
3位 新自由主義に抗す... (389)
4位 In-vivo kinemati... (324)
5位 石垣島の「エコツ... (268)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 アセトアニリドの... (964) 1st
2位 文化資本概念の現... (636)
3位 酢酸エステル類の... (618)
4位 興味が引き起こさ... (501)
5位 インフルエンサー... (500)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース