慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
2019000007-20190285  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
2019000007-20190285.pdf
Type :application/pdf Download
Size :112.9 KB
Last updated :Dec 16, 2022
Downloads : 76

Total downloads since Dec 16, 2022 : 76
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル 心停止後症候群に対するトランスオミクス解析から病態を解明し新規治療法を開発する。  
カナ シンテイシゴ ショウコウグン ニ タイスル トランスオミクス カイセキ カラ ビョウタイ オ カイメイシ シンキ チリョウホウ オ カイハツスル。  
ローマ字 Shinteishigo shōkōgun ni taisuru toransuomikusu kaiseki kara byōtai o kaimeishi shinki chiryōhō o kaihatsusuru.  
別タイトル
名前 Elucidation of pathological condition from analysis of post-cardiac arrest syndrome and development of novel treatment  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 本間, 康一郎  
カナ ホンマ, コウイチロウ  
ローマ字 Homma, Koichiro  
所属 慶應義塾大学医学部臨床教室専任講師  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク  
 
出版地
 
出版者
名前 慶應義塾大学  
カナ ケイオウ ギジュク ダイガク  
ローマ字 Keiō gijuku daigaku  
日付
出版年(from:yyyy) 2020  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 学事振興資金研究成果実績報告書  
翻訳  
 
 
2019  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
心停止後症候群モデル動物を作成し、心拍再開後24時間で脳、肺、心臓、腸管および血漿を摘出し、速やかに凍結保存した.

保存した検体は、以下のように処理した.
1、臓器を凍結乾燥し、ジルコニアビーズを加え、チューブごと液体窒素で凍結した.
2、ボールミルを用いて20 Hz, 5 minで臓器を粉砕した.
3、2.0 mLエッペンドルフチューブに乾燥重量15 mg (0.00まで計測)以上の臓器粉末を入れた.
4、Mix Solvent (MeOH: H2O: CHCl3 =5: 2: 2)を臓器濃度が15 mg/mLとなるように添加した. (0.0 µLまで計測、蒸気圧、表面張力の誤差についてはピペッティングを行っているため、考えていない。チップの溶出性については考慮していない。)
5、20 secボルテックス後、16,000 rpm, 3 minで遠心した.
6、新しい1.5 mLエッペンドルフチューブに上清900 µLを加え、その後、MilliQ (未滅菌)を400 µL添加した.
7、16,000 rpm, 3 minで遠心し、新しい 1.5 mLエッペンドルフチューブに水層を800 µL, クロロホルム層を100 µL取得した.
8、遠心エバポレータで有機溶媒を留去した.
9、有機溶媒留去後、-80˚Cで凍結し、凍結乾燥を行った.
10、凍結乾燥サンプルに40 mg/mL Methoxyamine hydrochloride pyridine溶液 10 µL, 0.75 mg/mL d27-Myristic acid n-hexane溶液10 µLを添加した.
11、加温振盪機で30˚C, 1,200 rpm, 90 minで振盪した.
12、N-Methyl-N-trimethylsilul-trifluoroacetamide (MSTFA)+ 1% TMCSを90 µL添加し、37˚C, 1,200 rpm, 30 minで振盪した.
13、16,000 rpmで遠心し、上清を分析サンプルとした.

GS/MS解析後、主成分解析中である.
A post-cardiac arrest syndrome animal model was prepared, and the brain, lungs, heart, intestinal tract, and plasma were removed 24 hours after the resumption of heartbeat, and immediately cryopreserved. The stored samples were processed as follows.
1.The organ was freeze-dried, zirconia beads were added, and the tube was frozen with liquid nitrogen.
2.The organs were crushed at 20 Hz for 5 min using a ball mill.
3, 2.0 mL Eppendorf tubes were charged with 15 mg dry weight (measured to 0.00) or more of organ powder.
4.Mix Solvent (MeOH: H2O: CHCl3 = 5: 2: 2) was added so that the organ concentration would be 15 mg / mL. (Measure to 0.0 µL, pipette for vapor pressure and surface tension errors. (I do not think about it because I am doing it. I do not consider the elution property of the chip.)
After vortexing for 5 and 20 seconds, it was centrifuged at 16,000 rpm for 3 min.
6.Add 900 μL of supernatant to a new 1.5 mL Eppendorf tube and then add 400 μL of MilliQ (unsterilized).
After centrifugation at 7, 16,000 rpm for 3 min, 800 μL of water layer and 100 μL of chloroform layer were collected in a new 1.5 mL Eppendorf tube.
8, the organic solvent was distilled off with a centrifugal evaporator.
9.After distilling off the organic solvent, it was frozen at -80 ° C and freeze-dried.
10, 40 μL / mL Methoxyamine hydrochloride pyridine solution 10 μL, 0.75 mg / mL d27-Myristic acid n-hexane solution 10 μL were added to the freeze-dried sample.
11, shaken with a heating shaker at 30˚C, 1,200 rpm, 90 min.
12.90 μL of N-Methyl-N-trimethylsilul-trifluoroacetamide (MSTFA) + 1% TMCS was added and shaken at 37 ° C, 1,200 rpm, 30 min.
13, centrifuged at 16,000 rpm, the supernatant was used as an analytical sample.
Principal component analysis is in progress after GS / MS analysis.
 
目次

 
キーワード
 
NDC
 
注記

 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Dec 16, 2022 10:39:42  
作成日
Dec 16, 2022 10:39:42  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Dec 16, 2022    インデックス を変更
 
インデックス
/ Public / 塾内助成報告書 / 学事振興資金研究成果実績報告書 / 2019年度
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 Open-domain dial... (1690) 1st
2位 731部隊と細菌戦 ... (433)
3位 石垣島の「エコツ... (406)
4位 新自由主義に抗す... (373)
5位 In-vivo kinemati... (267)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 アセトアニリドの... (1057) 1st
2位 インフルエンサー... (492)
3位 酢酸エステル類の... (481)
4位 刑法における因果... (420)
5位 興味が引き起こさ... (406)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース