慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
2018000005-20180327  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
2018000005-20180327.pdf
Type :application/pdf Download
Size :118.6 KB
Last updated :Oct 24, 2022
Downloads : 110

Total downloads since Oct 24, 2022 : 110
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル 未破裂脳動脈瘤破裂予測のマーカー及び破裂予防の治療標的としてのマイクロRNA解析  
カナ ミハレツ ノウ ドウミャクリュウ ハレツ ヨソク ノ マーカー オヨビ ハレツ ヨボウ ノ チリョウ ヒョウテキ トシテノ マイクロ RNA カイセキ  
ローマ字 Miharetsu nō dōmyakuryū haretsu yosoku no mākā oyobi haretsu yobō no chiryō hyōteki toshiteno maikuro RNA kaiseki  
別タイトル
名前 Identification of miRNAs as therapeutic targets and progression marker of cerebral aneurysm  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 高橋, 里史  
カナ タカハシ, サトシ  
ローマ字 Takahashi, Satoshi  
所属 慶應義塾大学医学部臨床教室専任講師 (有期・医学部)  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク  
 
出版地
 
出版者
名前 慶應義塾大学  
カナ ケイオウ ギジュク ダイガク  
ローマ字 Keiō gijuku daigaku  
日付
出版年(from:yyyy) 2019  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 学事振興資金研究成果実績報告書  
翻訳  
 
 
2018  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
未破裂脳動脈瘤破裂予測のマーカー及び破裂予防の治療標的として臨床応用できる可能性があるマイクロRNAを同定する目的で研究を行った。まず①未破裂脳動脈瘤が破裂し、くも膜下出血を起こした際に血清中で変動するマイクロRNAの一群を同定し、②それらの機能解析を行うことで目的とするマイクロRNAの同定を目指した。
①脳動脈瘤破裂時の血清中マイクロRNAの変動に関する検討
当院(慶應義塾大学病院)で加療した未破裂脳動脈瘤患者及びくも膜下出血患者(コントロール群として)から血液の提供を受け(倫理申請 20140326,20170061)血清を分離、RNAを単離し、マイクロRNAのアレイ解析を行った。解析の結果、未破裂脳動脈瘤患者の血清中においてくも膜下出血患者の血清中と比較して高発現を認めるマイクロRNAの一群と、反対に未破裂脳動脈瘤患者の血清中においてくも膜下出血患者の血清中と比較して発現が低下しているマイクロRNAの一群を同定した。未破裂脳動脈瘤群において高発現を認めたマイクロRNAの一群の中には、血管内皮細胞に特異的に発現することが知られているmiR126が含まれていた(未破裂脳動脈瘤でくも膜下出血群の16.78倍の発現)。miR126は血管内皮増殖因子(VEGF)や塩基性線維芽細胞増殖因子(bFGF)などの血管新生性増殖因子に応答し、血管新生を促進することが報告されており(Sci. Signal. 2009)、miR126の発現低下の動脈瘤破裂への関与の可能性が示唆される。
②マイクロRNA機能解析を行うためのマウス脳血管内皮細胞の単離 上記①で同定したマイクロRNAの機能解析を行う目的でマウス脳血管内皮細胞の単離を行った。安楽死させたマウスから大脳皮質を取り出し、酵素処理を行い、遠心分離をして毛細血管片を回収、再度酵素処理を行った後にセルストレーナーで内皮細胞を単離し、培養を試みた。現段階では単離後の内皮細胞の生育が不良であるため条件を検討中で、次年度以降に研究を継続の予定である。
We conducted our research for the purpose to identify miRNAs that can be utilized as therapeutic targets and progression marker of unruptured cerebral aneurysm. Firstly, we identified miRNAs whose expression level are changing by rupture of cerebral aneurysm. Secondly, we are trying to do functional analysis of identified miRNAs in vitro.
① Changes of expression levels of miRNAs in patients sera by rupture of aneurysm.
We obtained patients's sera from patients with cerebral aneurysms, isolated RNA, and conducted microarray analysis. We have identified miRNAs whose expression in sera from patients with unruptured cerebral aneurysms was higher than that in from patients with ruptured aneurysms. On the contrary, we have identified miRNAs whose expression in sera from patients with unruptured cerebral aneurysms was less than that in from patients with ruptured aneurysms. miR126 was identified as one of the miRNAs whose expression in sera from patients with unruptured cerebral aneurysms was more than 16 times higher than that in from patients with ruptured aneurysms. miR126 is known its relation to angiogenesis, and we are planning functional analysis of the miR126 in order to analyze its relationships to rupture of cerebral aneurysms.
② Isolation of vascular endothelial cells from mouse cerebral cortex.
To conduct functional analysis of miRNAs identified above, we isolated vascular endothelial cells from mouse cerebral cortex using enzymatic treatment and cell strainer. As for now, growth of isolated endothelial cells is not satisfactory, and we are planning to controlling conditions and continue research.
 
目次

 
キーワード
 
NDC
 
注記

 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Oct 24, 2022 14:23:26  
作成日
Oct 24, 2022 13:37:57  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Oct 24, 2022    インデックス を変更
Oct 24, 2022    抄録 内容 を変更
 
インデックス
/ Public / 塾内助成報告書 / 学事振興資金研究成果実績報告書 / 2018年度
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 「危険の予見可能... (984) 1st
2位 故意犯と過失犯の... (794)
3位 慶應義塾大学日吉... (724)
4位 731部隊と細菌戦 ... (456)
5位 新自由主義に抗す... (436)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 アセトアニリドの... (806) 1st
2位 刑法における因果... (747)
3位 インフルエンサー... (617)
4位 731部隊と細菌戦 ... (577)
5位 酢酸エステル類の... (565)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース