慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_19K16321seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_19K16321seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :244.7 KB
Last updated :May 17, 2022
Downloads : 280

Total downloads since May 17, 2022 : 280
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル ボロン酸を用いるクロスカップリング反応を基盤としたタンパク質化学修飾法の開発  
カナ ボロンサン オ モチイル クロス カップリング ハンノウ オ キバン トシタ タンパクシツ カガク シュウショクホウ ノ カイハツ  
ローマ字 Boronsan o mochiiru kurosu kappuringu hannō o kiban toshita tanpakushitsu kagaku shūshokuhō no kaihatsu  
別タイトル
名前 Development of metal-mediated cross-coupling reactions for protein modification  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 花屋, 賢悟  
カナ ハナヤ, ケンゴ  
ローマ字 Hanaya, Kengo  
所属 慶應義塾大学・薬学部 (芝共立) ・講師  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 50637262
 
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2021  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2020  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
ペプチドやタンパク質は約20種類のアミノ酸が連結してできたポリマーである。本研究では、銅イオンを利用したクロスカップリング反応でチロシン残基に人工分子を結合する手法(化学修飾法)を開発した。しかし反応条件は過酷でタンパク質中のチロシン残基の化学修飾には応用できなかった。
上記研究と並行して、申請者が以前報告したシステインの化学修飾法を基にニッケルイオンを用いて炭素-硫黄結合を形成する有機合成反応を開発した。弱塩基性、空気中、室温という温和な条件で種々のスルフィドが合成できた。
A peptide and a protein are polymers consisting of ca. 20 kinds of natural amino acids. In this study, we have developed the reaction for incorporating an artificial molecule to tyrosine (chemical modification method) by the cross-coupling reaction using copper ions. However, the optimized reaction conditions were harsh to apply to the chemical modification of tyrosine residues in proteins.
In parallel with the above research, we developed Ni(II)-mediated C-S cross-coupling based on the chemical modification method of cysteine previously reported. The reaction offers an extremely mild and operationally convenient method to access a wide variety of alkyl aryl sulfides and diaryl sulfides without using expensive transition metals nor specialized and expensive ligands.
 
目次

 
キーワード
ペプチド  

タンパク質  

化学修飾  

クロスカップリング  

ボロン酸  

銅  

ニッケル  
NDC
 
注記
研究種目 : 若手研究
研究期間 : 2019~2020
課題番号 : 19K16321
研究分野 : 有機化学
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
May 17, 2022 13:23:33  
作成日
May 17, 2022 13:23:33  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
May 17, 2022    インデックス を変更
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2020年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 Open-domain dial... (1649) 1st
2位 石垣島の「エコツ... (762)
3位 Bidet toilet use... (540)
4位 731部隊と細菌戦 ... (469)
5位 新自由主義に抗す... (372)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 アセトアニリドの... (1055) 1st
2位 インフルエンサー... (501)
3位 石垣島の「エコツ... (439)
4位 興味が引き起こさ... (438)
5位 刑法における因果... (425)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース