慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
2017000001-20170019  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
2017000001-20170019.pdf
Type :application/pdf Download
Size :118.6 KB
Last updated :Feb 21, 2019
Downloads : 365

Total downloads since Feb 21, 2019 : 365
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル スピングラス様磁性を示すスキルミオンの検証と構造の解明、および動的性質の検討II  
カナ スピン グラスヨウ ジセイ オ シメス スキルミオン ノ ケンショウ ト コウゾウ ノ カイメイ, オヨビ ドウテキ セイシツ ノ ケントウ II  
ローマ字 Supin gurasuyō jisei o shimesu sukirumion no kenshō to kōzō no kaimei, oyobi dōteki seishitsu no kentō II  
別タイトル
名前 Verification of skyrmion showing spin glass like magnetism and investigation of its structure and dynamic properties  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 佐藤, 徹哉  
カナ サトウ, テツヤ  
ローマ字 Sato, Tetsuya  
所属 慶應義塾大学理工学部教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク  
 
出版地
 
出版者
名前 慶應義塾大学  
カナ ケイオウ ギジュク ダイガク  
ローマ字 Keiō gijuku daigaku  
日付
出版年(from:yyyy) 2018  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 学事振興資金研究成果実績報告書  
翻訳  
 
 
2017  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
渦状スピン構造体であるスキルミオンは小電流密度での駆動が可能であるため, 低消費電力で使用できるメモリーへの応用が期待されている。スピングラス様磁性が観測されるB20型構造を持つ物質の中にスキルミオンの発現が期待されるものがあるが, そのスキルミオンは典型的な物質とは異なる挙動を示すと予想される。本研究では, スピングラスと共存するスキルミオンの存在を調べ, その動的性質からスピン構造を検討する。
スピングラス磁性の特徴が確認されているB20型Cr0.81Mn0.19Geにおいてスキルミオンの発現を確認するために, 直流磁場をバイアスした交流磁化率と磁気抵抗の測定を行い, 磁気相図を作製する。典型的なスキルキミオン材料であるB20型MnSiにCoをドープしたMn1-xCoxSiに対してもスピングラスとスキルミオンの共存の可能性を調べた。
Cr0.81Mn0.19Geの交流磁化率の虚数成分に見られるピークの周波数依存性をcritical slowing down則により解析することで, 磁気転移温度9.3 K, 臨界指数z ν = 8.2とスピン反転時間τ0 = 2.2 × 10-10 secが得られた。得られた臨界指数より, このピークはスピングラス発現に対応するものと考えられ, τ0 は典型的なスピングラスよりも長いことより, このスピングラスがより大きなスピン集合から発現することが示唆された。直流磁場をバイアスした交流磁化率からスピングラスは10 Oe以下の磁場で存在することもわかった。
直流磁場をバイアスした交流磁化率にスピングラスが観測される領域より高磁場側にピークが観測された。磁気抵抗の磁場依存性にも同じ温度と磁場でピークが観測され, このピークはスキルミオンの発現に対応するものと考えられる。このピークから磁気相図を作成した結果, スキルミオン様のスピン構造はスピングラスを発現させることが示唆された。
なお, Mn1-xCoxSiにおいてはスキルミオンの発現を示唆する特徴は観測されなかった。
Since the skyrmion that has a spiral spin structure can be driven with a small current density, it is expected to be applied to memories that can be used with low power consumption. Some skimmons are expected to appear in substances having a B20 type structure in which spin glass like magnetism is observed, but the skyrmion is expected to behave differently compared with typical substances. In this study, we investigate the existence of skyrmion coexisting with spin glasses and the spin structure based on its dynamic properties.
In order to confirm the appearance of skyrmion in the B20 type Cr0.81Mn0.19Ge in which the characteristics of spin glass have been confirmed, the AC magnetic susceptibility biasing DC magnetic field and the magnetoresistance were measured to make a magnetic phase diagram. We investigated the possibility of coexistence of spin glass and skyrmion also for Mn1-xCoxSi in which Co is doped in B20 type MnSi which is a typical skyrmion material.
By analyzing the frequency dependence of the peak seen in the imaginary component of AC magnetic susceptibility of Cr0.81Mn0.19Ge by the critical slowing down rule, the magnetic transition temperature of 9.3 K, the critical index zν = 8.2 and the spin flipping time τ0 = 2.2 × 10-10 sec were obtained. Based on the obtained critical index, this peak is considered to correspond to appearance of spin glass, and it was suggested that τ0 is longer compared with typical spin glasses, so that this spin glass originates from larger spin aggregates. From the AC magnetic susceptibility biasing DC magnetic field, it was also found that the spin glass exists in a magnetic field of 10 Oe or less.
A peak was observed on the higher magnetic field side than the region where spin glasses are observed in AC magnetic susceptibility biasing DC magnetic field. A peak was also observed in the magnetic field dependence of the magnetoresistance at the same temperature and magnetic field, and thus this peak is thought to correspond to the appearance of skyrmion. The magnetic phase diagram prepared based on the peaks suggests that the spin structure like skyrmion induces spin glass.
In Mn1-xCoxSi, features suggestive of the appearance of skyrmion were observed.
 
目次

 
キーワード
 
NDC
 
注記

 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Feb 21, 2019 13:07:24  
作成日
Feb 21, 2019 13:07:24  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Feb 21, 2019    インデックス を変更
 
インデックス
/ Public / 塾内助成報告書 / 学事振興資金研究成果実績報告書 / 2017年度
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 731部隊と細菌戦 ... (437) 1st
2位 新自由主義に抗す... (371)
3位 In-vivo kinemati... (303)
4位 石垣島の「エコツ... (292)
5位 Open-domain dial... (250)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 アセトアニリドの... (933) 1st
2位 酢酸エステル類の... (602)
3位 興味が引き起こさ... (499)
4位 インフルエンサー... (494)
5位 刑法における因果... (422)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース