慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_23591516seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_23591516seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :166.8 KB
Last updated :Dec 11, 2014
Downloads : 1146

Total downloads since Dec 11, 2014 : 1146
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル Star欠損マウスのステロイドホルモン産生細胞におけるトランスクリプトーム解析  
カナ Star ケッソン マウス ノ ステロイド ホルモン サンセイ サイボウ ニ オケル トランスクリプトーム カイセキ  
ローマ字 Star kesson mausu no suteroido horumon sansei saibo ni okeru toransukuriputomu kaiseki  
別タイトル
名前 Transcriptome analysis of steroidogenic cells in knockout mice lacking steroidogenic acute regulatory protein  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 石井, 智弘  
カナ イシイ, トモヒロ  
ローマ字 Ishii, Tomohiro  
所属 慶應義塾大学・医学部・講師  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 70265867
 
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2014  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2013  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
先天性リポイド副腎過形成症(StAR異常症)の病態を解明するために、マウスStarのプロモーター、エンハンサー下にeGFPを発現する野生型(N=7)、Star欠損マウス(N=4)の胎生17.5-18.5日の副腎からeGFP陽性細胞を集積し、マイクロアレイで遺伝子発現を解析した。Star欠損マウスでは、1,206および767遺伝子の発現が上昇および低下し、コレステロール排出、炎症応答・免疫応答に関する遺伝子発現が有意に上昇し、副腎皮質にマクロファージが著明に浸潤していた。StAR欠損状態の副腎皮質において、コレステロール排出および炎症反応・免疫応答の亢進を初めて同定した。
Steroidogenic acute regulatory protein (StAR) is responsible for congenital lipoid adrenal hyperplasia (StAR deficiency). To delineate a specific pattern of gene expression associated with StAR deficiency, we analyzed the transcriptome of adrenocortical cells isolated by fluorescence-activated cell sorting at E17.5 or E18.5 from seven wild-type and four StAR knockout (Star-/-) mice with transgene targeting eGFP to StAR-expressing cell lineages. We identified that 1,206 and 767 genes were significantly up-regulated and down-regulated, respectively, and that genes involved in cholesterol efflux and inflammatory or immune response were significantly up-regulated in Star-/- mice. An increased number of macrophages were detected in the adrenal glands of Star-/- mice by immunohistochemistry. These results revealed the cholesterol efflux and the inflammatory or immune response as new pathophysiological hallmarks in the adrenocortical cells of Star-/- mice.
 
目次

 
キーワード
StAR  

先天性リポイド副腎過形成症  

ノックアウトマウス  

副腎皮質  

ステロイドホルモン  

トランスクリプトーム  

マクロファージ  
NDC
 
注記
研究種目 : 基盤研究(C)
研究期間 : 2011~2013
課題番号 : 23591516
研究分野 : 医歯薬学
科研費の分科・細目 : 内科系臨床医学・小児科学
 
言語
日本語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Dec 11, 2014 11:32:15  
作成日
Dec 11, 2014 11:32:15  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2013年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 731部隊と細菌戦 ... (437) 1st
2位 新自由主義に抗す... (371)
3位 In-vivo kinemati... (303)
4位 石垣島の「エコツ... (292)
5位 Open-domain dial... (250)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 アセトアニリドの... (933) 1st
2位 酢酸エステル類の... (602)
3位 興味が引き起こさ... (499)
4位 インフルエンサー... (494)
5位 刑法における因果... (422)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース