慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_23590113seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_23590113seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :153.8 KB
Last updated :Dec 11, 2014
Downloads : 1379

Total downloads since Dec 11, 2014 : 1379
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル 脊髄においてグルタミン酸作動性神経伝達の異常を惹起する因子の探索  
カナ セキズイ ニ オイテ グルタミンサン サドウセイ シンケイ デンタツ ノ イジョウ オ ジャッキスル インシ ノ タンサク  
ローマ字 Sekizui ni oite gurutaminsan sadosei shinkei dentatsu no ijo o jakkisuru inshi no tansaku  
別タイトル
名前 Study on the glutamate-induced spinal neurodysfunction.  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 鈴木, 岳之  
カナ スズキ, タケシ  
ローマ字 Suzuki, Takeshi  
所属 慶應義塾大学・薬学部・准教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 90187740

名前 郭, 伸  
カナ  
ローマ字 Kwak, Shin  
所属 東京大学・医学部付属病院・准教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team member  
外部リンク 科研費研究者番号 : 40160981

名前 佐藤, 薫  
カナ サトウ, カオル  
ローマ字 Sato, Kaoru  
所属 国立医薬品食品研究所・薬理部・第一室長  
所属(翻訳)  
役割 Research team member  
外部リンク 科研費研究者番号 : 10311391
 
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2014  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2013  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
神経炎症を惹起する細胞として、ミクログリアに焦点を当てた。In vitro条件下でミクログリアを活性化処理し、そこから放出される内因性因子を解析した。その結果、活性化ミクログリアよりグルタミン酸が放出され、神経毒性を示すことを明らかにし、この過程にATPが関与することも示した。このグルタミン酸の放出作用はグルタミン酸トランスポーター機能変動を介する作用であることを明らかにした。また、疾病治療にリンクする知見として、抗うつ薬であるパロキセチンがミクログリアの活性化を抑制する知見を得た。これは、神経疾患に対する新たな治療アプローチを示すもので、今後の薬物治療戦略の確立に貢献できる研究成果である。
In this study, we investigated mechanisms underlying the dysfunction of glutamate transmission under the inflammatory condition in the spinal cord. We also examined effects of drugs acting on CNS functions. We made in vitro inflammation model using co-culture comprised of astrocytes, microglia and neurons obtained from newborn rat brains. Inflammation decreased glutamate transport by down-regulation of GLAST induced by high-concentration of extracellular glutamate released from activated microglia in this co-culture. Among centrally acting drugs including antidepressants we tested, only paroxetine inhibited the inflammation-induced glutamate release from activated microglia and prevented the decrease in the glutamate transport. We also demonstrated that ATP is one of the factor that made the neural inflammation worse.
 
目次

 
キーワード
薬理学  

グルタミン酸  

情報伝達  

神経変性疾患  

興奮毒性  

神経炎症  

ATP  
NDC
 
注記
研究種目 : 基盤研究(C)
研究期間 : 2011~2013
課題番号 : 23590113
研究分野 : 医歯薬学
科研費の分科・細目 : 薬学・生物系薬学
 
言語
日本語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Dec 11, 2014 11:32:11  
作成日
Dec 11, 2014 11:32:11  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2013年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 J.S. ミルの社会... (296) 1st
2位 新自由主義に抗す... (272)
3位 DAOの法的地位と... (209)
4位 個人・組織両面で... (206)
5位 「余白的コミュニ... (194)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 戦時期マラヤ・シ... (541) 1st
2位 Le nô Kinuta, l... (423)
3位 ビルマ戦線と憲兵... (356)
4位 人と違っててもい... (283)
5位 新自由主義に抗す... (264)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース