慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_23390276seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_23390276seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :102.2 KB
Last updated :Dec 11, 2014
Downloads : 1108

Total downloads since Dec 11, 2014 : 1108
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル 神経前駆細胞の細胞周期恒常性維持にエピジェネティクス機構が果たす役割に関する研究  
カナ シンケイ ゼンク サイボウ ノ サイボウ シュウキ コウジョウセイ イジ ニ エピジェネティクス キコウ ガ ハタス ヤクワリ ニ カンスル ケンキュウ  
ローマ字 Shinkei zenku saibo no saibo shuki kojosei iji ni epijenetikusu kiko ga hatasu yakuwari ni kansuru kenkyu  
別タイトル
名前 Roles of epigenetic mechanism in homeostatic cell-cycle control in neuronal stem cells  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 高橋, 孝雄  
カナ タカハシ, タカオ  
ローマ字 Takahashi, Takao  
所属 慶應義塾大学・医学部・教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 80171495

名前 小崎, 健次郎  
カナ コサキ, ケンジロウ  
ローマ字 Kosaki, Kenjiro  
所属 慶應義塾大学・医学部・教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team member  
外部リンク 科研費研究者番号 : 30234743

名前 三橋, 隆行  
カナ ミツハシ, タカユキ  
ローマ字 Mitsuhashi, Takayuki  
所属 慶應義塾大学・医学部・講師  
所属(翻訳)  
役割 Research team member  
外部リンク 科研費研究者番号 : 80338110
 
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2014  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2013  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
近年、遺伝子の塩基配列に依らない遺伝子発現調節機構(エピジェネティクス機構)が神経発生に重要な働きを持つことが、先天奇形症候群の原因遺伝子の解析から明らかとなってきた。また、特定の遺伝子の機能異常や環境汚染物質への曝露といった神経前駆細胞の細胞周期調節機構をかく乱する影響に対して、細胞周期を正しく進行させるための緩衝メカニズムにエピジェネティクス機構が関与している可能性が示唆されていた。そこで本研究では、神経前駆細胞の細胞周期調節の恒常性維持にエピジェネティクス機構が果たす役割について、クロマチン調節機構を中心に解明を目指し、ヒストンのアセチル化調節が関与している可能性を明らかにした。
Epigenetic mechanisms are considered to be a putative machinery for controlling cell cycle kinetics of neuronal progenitor cells (NPCs) that forms cerebral cortex in mammals. According to our previous results from specific gene overexpression/loss-of-function experiments and in utero exposure to dioxin analysis, we have observed buffering phenomena to maintain normal cell cycle length of the NPCs by adjusting lengths of each phase of the cell cycle. Taken together, we investigated roles of epigenetic mechanisms in cell cycle regulation in NPCs which forms cerebral cortex in vivo. Especially, the research focus was put upon the regulation of histone acetylation by histone deacetylase.
 
目次

 
キーワード
小児神経学  
NDC
 
注記
研究種目 : 基盤研究(B)
研究期間 : 2011~2013
課題番号 : 23390276
研究分野 : 医歯薬学
科研費の分科・細目 : 内科系臨床医学・小児科学
 
言語
日本語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Dec 11, 2014 11:29:49  
作成日
Dec 11, 2014 11:29:49  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2013年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 「危険の予見可能... (929) 1st
2位 慶應義塾大学日吉... (851)
3位 故意犯と過失犯の... (698)
4位 731部隊と細菌戦 ... (430)
5位 新自由主義に抗す... (408)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 アセトアニリドの... (856) 1st
2位 731部隊と細菌戦 ... (650)
3位 刑法における因果... (640)
4位 酢酸エステル類の... (629)
5位 インフルエンサー... (598)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース