慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
AN00150430-00000051-0001  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
AN00150430-00000051-0001.pdf
Type :application/pdf Download
Size :1.1 MB
Last updated :Aug 19, 2010
Downloads : 615

Total downloads since Aug 19, 2010 : 615
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル 分析哲学とキリスト教  
カナ ブンセキ テツガク ト キリストキョウ  
ローマ字 Bunseki tetsugaku to kirisutokyo  
別タイトル
名前 Analytic Philosophy and Christianity  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 間瀬, 啓允  
カナ マセ, ヒロノブ  
ローマ字 Mase, Hironobu  
所属 慶応義塾大学  
所属(翻訳)  
役割  
外部リンク  
 
出版地
東京  
出版者
名前 三田哲學會  
カナ ミタ テツガクカイ  
ローマ字 Mita tetsugakukai  
日付
出版年(from:yyyy) 1967  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
 
上位タイトル
名前 哲學  
翻訳  
 
51  
1967  
11  
開始ページ 1  
終了ページ 20  
ISSN
05632099  
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
This article is intended to represent one of the most prominent features found in the recent Anglo-American religious world, namely the one that can, perhaps most properly, be characterized as 'the greater intimacy between philosophy and theology', or as 'the dialogue between them'. It is generally known that one of prevalent movements in philosophy till quite recently was that of 'logical positivism', and that it had confined the language in which we could speak meaningfully about the world, quite narrowly to the frames of 'scientific' language and consequently refused to acknowledge other kinds of language, e.g. the language of ethics, theology etc. as meaningful. But this narrow view has proved to be inadequate. So there begins the new movements of 'logical empiricism', which proposes to analyse empirically more general function of the languages and to attain the meaning expressed by them. From this angle the philosophy gains the new access to the language of religion. On the other hand the new beginnings are seen also in religious world. Several of Anglo-American theologicians are now trying intently to absorb the fruitsful result of insights of philosophy and to understand the function of religious - especially christian - language. The writer of this article tried to trace and represent the main phases of this mutual influence between philosophy and theology.
 
目次

 
キーワード
 
NDC
 
注記

 
言語
日本語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Journal Article  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Aug 19, 2010 09:00:00  
作成日
Aug 19, 2010 09:00:00  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
 
インデックス
/ Public / 文学部 / [哲学] 哲学 / 51 (196711)
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 Human body pose ... (311) 1st
2位 新自由主義に抗す... (289)
3位 DAOの法的地位と... (271)
4位 「余白的コミュニ... (266)
5位 個人・組織両面で... (258)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 人と違っててもい... (3141) 1st
2位 気象変化による片... (588)
3位 なぜ神が存在する... (578)
4位 サイバーセキュリ... (496)
5位 インフルエンサー... (313)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース