慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
2020000009-20200028  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
2020000009-20200028.pdf
Type :application/pdf Download
Size :130.7 KB
Last updated :Feb 16, 2024
Downloads : 35

Total downloads since Feb 16, 2024 : 35
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル 海産動物を材料とした非モデル生物の発生現象 (卵成熟、受精、成長、形態形成) の解明  
カナ カイサン ドウブツ オ ザイリョウ トシタ ヒモデル セイブツ ノ ハッセイ ゲンショウ (ランセイジュク、ジュセイ、セイチョウ、ケイタイ ケイセイ) ノ カイメイ  
ローマ字 Kaisan dōbutsu o zairyō toshita himoderu seibutsu no hassei genshō (ranseijuku, jusei, seichō, keitai keisei) no kaimei  
別タイトル
名前 Study on developmental phenomena in non-model marine invertebrates : oocyte maturation, fertilization, growth and morphogenesis  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 倉石, 立  
カナ クライシ, リツ  
ローマ字 Kuraishi, Ritsu  
所属 慶應義塾大学文学部准教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク  
 
出版地
 
出版者
名前 慶應義塾大学  
カナ ケイオウ ギジュク ダイガク  
ローマ字 Keiō gijuku daigaku  
日付
出版年(from:yyyy) 2021  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 学事振興資金研究成果実績報告書  
翻訳  
 
 
2020  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
多様な海産無脊椎動物の中で、ウニやホヤなど、ごく一部の動物種だけが発生研究に用いられてきた。本研究では、歴史的にあまり着目されてこなかった動物種を用いて、以下の項目について研究を進めた。
卵形成と受精
Dinophilus属のゴカイは、極端な性的二形を示し、雌雄間で卵サイズが異なることが知られている。この動物種では、核型分析を行った先行研究から、交尾・受精後に、卵黄が蓄積し、卵サイズの差が生じることが予想されていた。今回、交尾後の雌個体における卵サイズ増加と受精タイミングの関係を解析した。雌個体を樹脂に包埋し、厚さ5μmの切片を作成、HE染色を施した後に、顕微鏡観察を行った。その結果、先行研究からの予想とは異なり、卵サイズの雌雄差が生じた後に、受精が成立していることが明らかになった。この事実は、性が精子の型によらず、受精以前に存在する何らかの別の要因で決定されている可能性を示唆している。今後は、その要因の探索を行う予定である。
成長・形態形成
イトマキヒトデ幼生のビピンナリア期に着目し、アスタチン属メタロプロテアーゼ(PpMC5)と核型トランスグルタミナーゼ(PpnTG)の機能解析を、モルフォリノオリゴを用いた発現抑制モルファントの表現型観察により進めた。PpMC5モルファントを透過型電子顕微鏡で観察したところ、変調した基底膜と断片化した細胞が見出された。このとき、間充織細胞は食作用を活発に行い、膨潤した状態であった。一方、従来研究で判明していたPpnTGのヒストン二量化機能の観点から、PpnTGのモルファントとその実験対照で細胞数を揃えた状態でウエスタンブロッテイング解析を試行した。その結果、PpnTGのモルファントでは、単量体のヒストン合成量の顕著な増加が認められた。両研究から、胚期を経た幼生期に、生理状況が大きく変化している実体を言及できるようになってきている。
Among huge numbers of marine invertebrates, only a few model animals, such as sea urchins, ascidians and so on, have been used as experimental materials for developmental biology. In the present study, we investigated significant developmental phenomena using unique properties of non-model marine animals.
Oogenesis and fertilization 
 It has been reported that Dinophilus sp (polychatae) exhibits sexual dimorphism in which female eggs are apparently larger than male ones. In previous karyotyping studies, it has been predicted that the difference in egg sizes is caused by accumulation of yolk after fertilization. In the present study, we examined this hypothesis under a light microscopic observation of HE stained sections of breeding females. Unlike the expectation from previous studies, it is revealed that sperm nucleus was only observed in oocytes after completion of yolk accumulation. These facts suggest that in Dinophilus sp, sex of the eggs is determined before fertilization by unknown factor(s).
Larval growth and morphogenesis

By using morpholino antisense oligos, we have examined functions of astacin metalloprotease (PpMC5) and nuclear type of trans glutaminase during larval development of the starfish, Patria pectinifera. In morphant of PpMC5, transmission electron microscopy showed that in unhealthy morphology, disorganization of basal lamina and cell fragmentations concomitantly occur in the epithelial cells around which mesenchyme cells actively scavenge epithelial cell carcasses. On the other hand, in PpNTG morphants, larvae also become unhealthy and, surprisingly, histone H4 is shown to be over synthesized by means of western blotting analysis. Together, some protases act on suppressive modulations of specific substrates in developmental growth and morphogenesis of P. pectinfera larvae.
 
目次

 
キーワード
 
NDC
 
注記

 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Feb 16, 2024 14:06:45  
作成日
Feb 16, 2024 14:06:45  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Feb 16, 2024    インデックス を変更
 
インデックス
/ Public / 塾内助成報告書 / 学事振興資金研究成果実績報告書 / 2020年度
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 慶應義塾大学日吉... (948) 1st
2位 「危険の予見可能... (867)
3位 故意犯と過失犯の... (595)
4位 731部隊と細菌戦 ... (419)
5位 新自由主義に抗す... (395)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 アセトアニリドの... (886) 1st
2位 酢酸エステル類の... (673)
3位 731部隊と細菌戦 ... (666)
4位 インフルエンサー... (575)
5位 刑法における因果... (571)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース