慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KO12003001-20210002-0009  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KO12003001-20210002-0009.pdf
Type :application/pdf Download
Size :113.5 KB
Last updated :Nov 30, 2023
Downloads : 29

Total downloads since Nov 30, 2023 : 29
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル 人に生まれながらにして具わる言語の仕組みとは何か : 理論的意義と経験的帰結  
カナ ヒト ニ ウマレナガラ ニ シテ ソナワル ゲンゴ ノ シクミ トワ ナニ カ : リロンテキ イギ ト ケイケンテキ キケツ  
ローマ字 Hito ni umarenagara ni shite sonawaru gengo no shikumi towa nani ka : rironteki igi to keikenteki kiketsu  
別タイトル
名前 What is the innate mechanism of the human language? : its theoretical significance and empirical consequences  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 北原, 久嗣  
カナ キタハラ, ヒサツグ  
ローマ字 Kitahara, Hisatsugu  
所属 慶應義塾大学言語文化研究所  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク  
 
出版地
 
出版者
名前 福澤基金運営委員会  
カナ フクザワ キキン ウンエイ イインカイ  
ローマ字 Fukuzawa kikin un'ei iinkai  
日付
出版年(from:yyyy) 2022  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 p.  
上位タイトル
名前 福澤諭吉記念慶應義塾学事振興基金事業報告集  
翻訳  
 
 
2021  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
ここ数年の間でMergeに重要な改訂が加えられた。Workspace (WS)は、統語演算に必要な要素を提供する集合として捉え直され、Copyは、Form Copy (FC)が統語構造に付与する関係として捉え直された。

これらの点を踏まえ、Chomsky (2021)は、(1)に示す、Mergeのより一般的な定義を提案した。

(1) Merge(X1, ... , Xn, WS) = WS' = {{X1, ... , Xn}, W, Y}, satisfying SMT and LSCs.

(1)では、MergeはWSから新しいWS'を写像する操作として再定義され、その適用は、the strong minimalist thesis SMTのもと仮定されている、より一般的な第三要因に属す法則性(3rd factor principles)と言語に固有な条件(language-specific conditions LSCs)、とりわけTheta Theoryの原理に従うものであると提案された。

本研究では、Chomsky (2021)によってその輪郭が示されたMergeに基づく枠組みを採択し、Mergeが構造をどのように構築しているのか、FCがCopy関係をどのように付与しているのかを詳細に検討した。具体的には、Mergeが統語演算の対象物をどのように探索するのかを明らかにするなか、Mergeの適用がExternal Merge (EM)とInternal Merge (IM)に限定される理由、それ以外の適用はMergeの適用として見做すことができない理由を示した。また、FCがどのようにCopy関係を統語構造に付与し、それらが同一のものとしての解釈を受けるに至るのかを示した。具体的な分析の例示としては、Chomsky (2021)がとりあげた四つの基本例の特徴が、これらの仮説群からどのように演繹的に導出できるのかを示した。
Over the last few years, Merge has undergone an important reconceptualization. The concept of workspace WS is formally recognized as the place where syntactic computation happens. It specifies the current derivational stage, and provides just the information needed to carry the derivation forward. The WS is a set of syntactic objects SOs, those available for computation. The notion Copy is formally recognized as the relation not created by Merge, but established by Form Copy FC, an operation that assigns the relation Copy to structurally identical inscriptions.

With these clarifications in place, Chomsky (2021) proposes the following general definition of Merge:

(1) Merge(X1, ... , Xn, WS) = WS' = {{X1, ... , Xn}, W, Y}, satisfying SMT and LSCs.

In (1), Merge is reformulated as an operation that applies to the WS and yields a new WS, satisfying general 3rd factor principles under the strong minimalist thesis SMT and language-specific conditions LSCs, in particular, the principles of Theta Theory.

In this study, tracing the Merge-based framework outlined by Chomsky (2021), we examine how Merge builds structures, and FC assigns Copy relations to structurally identical inscriptions. We identify the search algorithm that Merge adopts, and clarify how applications of Merge are restricted to External Merge EM and Internal Merge IM, while all other extensions of Merge are excluded as illegitimate applications. We also demonstrate how FC applies to structurally identical inscriptions and takes them to be copies that are interpreted in exactly the same way. Finally, we examine the four core cases discussed in Chomsky 2021, and explain how they receive a principled analysis under current assumptions.
 
目次

 
キーワード
 
NDC
 
注記
申請種類 : 福澤基金研究補助
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Nov 30, 2023 10:23:06  
作成日
Nov 30, 2023 10:23:06  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Nov 30, 2023    インデックス を変更
 
インデックス
/ Public / 塾内助成報告書 / 福澤諭吉記念慶應義塾学事振興基金事業報告集 / 2021年度
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 Open-domain dial... (1600) 1st
2位 石垣島の「エコツ... (690)
3位 Bidet toilet use... (508)
4位 731部隊と細菌戦 ... (501)
5位 新自由主義に抗す... (382)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 アセトアニリドの... (983) 1st
2位 インフルエンサー... (494)
3位 石垣島の「エコツ... (423)
4位 酢酸エステル類の... (403)
5位 興味が引き起こさ... (395)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース