慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KO12003001-00002020-0032  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KO12003001-00002020-0032.pdf
Type :application/pdf Download
Size :96.4 KB
Last updated :Mar 28, 2022
Downloads : 93

Total downloads since Mar 28, 2022 : 93
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル 革新をもたらす要素の数値化について  
カナ カクシン オ モタラス ヨウソ ノ スウチカ ニ ツイテ  
ローマ字 Kakushin o motarasu yōso no sūchika ni tsuite  
別タイトル
名前 Quantifying societal and economic factors on innovation  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 Waldman, Matthew  
カナ ウォルドマン, マッシュ  
ローマ字  
所属 慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク  
 
出版地
 
出版者
名前 福澤基金運営委員会  
カナ フクザワ キキン ウンエイ イインカイ  
ローマ字 Fukuzawa kikin un'ei iinkai  
日付
出版年(from:yyyy) 2021  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 p.  
上位タイトル
名前 福澤諭吉記念慶應義塾学事振興基金事業報告集  
翻訳  
 
 
2020  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
1: We finished the groundwork for the largescale innovation project tying emotional response to innovation (creating an objective definition of innovation). The main hurdle is how to involve participants in the wild during the COVID-19 pandemic. The solution is has been obtained with the development of a self-logging tool. We are currently applying for ethical approval to run the in-the-wild study. The participants will be wearing sensing devices such as the Narrative Clip 2 and J!NS MEME wearable glasses. The goal is to measure innovation and confidence in innovation throughout the day by using electrooculography.
 
2: We completed a grounded theory review of innovation and sustainability communication in large multinational corporations. The comprehensive review looked at 72 corporations across 8 industries and found homogeneity and obfuscation leads to a breakdown in communication with consumers. The final paper is currently under journal review.
 
3: We completed a survey of innovation economy professionals in English and Japanese after receiving ethical approval from KMD. The survey was then followed up by semi-structured interviews from 12 participants. The results indicate a schism between younger and older professionals, indicating that older professionals have stronger social progressive priorities. The results challenge the current understanding in innovation studies. A follow-up analysis is being planned to confirm the results.
 
目次

 
キーワード
 
NDC
 
注記
申請種類 : 福澤基金研究補助
 
言語
英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Mar 28, 2022 10:40:43  
作成日
Mar 28, 2022 10:40:43  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Mar 28, 2022    インデックス を変更
 
インデックス
/ Public / 塾内助成報告書 / 福澤諭吉記念慶應義塾学事振興基金事業報告集 / 2020年度
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 新自由主義に抗す... (488) 1st
2位 斎藤隆夫の「粛軍... (419)
3位 慶應義塾図書館史... (414)
4位 認知文法から考え... (395)
5位 M&Aにおける... (383)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 A study on the s... (393) 1st
2位 新参ファンと古参... (321)
3位 日本における美容... (303)
4位 興味が引き起こさ... (252)
5位 新自由主義に抗す... (250)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース