慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KO12002001-20110331-0375  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KO12002001-20110331-0375.pdf
Type :application/pdf Download
Size :420.0 KB
Last updated :Oct 24, 2011
Downloads : 1126

Total downloads since Oct 24, 2011 : 1126
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル The triviality of existence questions : a note on the neo-Alistotelian conception of metaphysics  
カナ  
ローマ字  
別タイトル
名前  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 北村, 直彰  
カナ キタムラ, ナオアキ  
ローマ字 Kitamura, Naoaki  
所属  
所属(翻訳)  
役割  
外部リンク  

名前 西脇, 与作  
カナ ニシワキ, ヨサク  
ローマ字 Nishiwaki, Yosaku  
所属  
所属(翻訳)  
役割  
外部リンク  
 
出版地
Tokyo  
出版者
名前 Centre for Advanced Research on Logic and Sensibility The Global Centers of Excellence Program, Keio University  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2011  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
 
上位タイトル
名前 CARLS series of advanced study of logic and sensibility  
翻訳  
4  
 
2010  
 
開始ページ 375  
終了ページ 381  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
Recently, J. Schaffer conspicuously defended the neo-Alistotelian view of metaphysics, which characterizes metaphysics as centered on what grounds what, as opposed to the Quinean view, on which the task of metaphysics is to say what exists.1 In particular, he endorses the former coupled with a permissive stance on existence, according to which the Quinean existence questions are trivial. Against this claim, W. Swetly argues that they are not trivial at all, but they have substantial and informative contents, and cognitive signifi cance.2 In our opinion, however, this opposition is not a real one. This paper argues that Swetly's arguments fail, and that he misses the point of Schaffer's claim. Also, we suggest that the explication of this apparent disagreement sheds light on some important concepts of metaphysics.
In what follows, fi rst, we summarize Schaffer's general meta-metaphysical position and his argument for the triviality of existence questions (TEQ) (§1). Second, the core of the Swetly's arguments against TEQ is presented (§2). Third, the failure of them is shown and it is also shown that there is no real disagreement between Schaffer and Swetly (§3). Finally, we conclude with some clarifi cation of how this explication and further considerationscan elucidate the complicated matters in the neo-Aristotelian conception of metaphysics (§4).
 
目次

 
キーワード
 
NDC
 
注記
Part 5 : Logic and Informatics
 
言語
英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Oct 24, 2011 09:00:00  
作成日
Oct 24, 2011 09:00:00  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
 
インデックス
/ Public / 慶應義塾大学グローバルCOEプログラム論理と感性の先端的教育研究拠点 / CARLS series of advanced study of logic and sensibility / 4 (2010)
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 ネットワークにつ... (468) 1st
2位 慶應義塾大学薬学... (393)
3位 新自由主義に抗す... (379)
4位 ドイツのSNS対策... (376)
5位 攻撃衝動の体系的... (360)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 慶應義塾大学薬学... (805) 1st
2位 独ソ不可侵条約と... (632)
3位 ドイツのSNS対策... (595)
4位 なぜ日本ユニテリ... (594)
5位 アセトアニリドの... (448)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース