慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_26670146seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_26670146seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :419.1 KB
Last updated :Jan 6, 2017
Downloads : 329

Total downloads since Jan 6, 2017 : 329
 
タイトル
タイトル アクアポリンの発現と超急速凍結による神経幹細胞の選別と残存未分化iPS細胞の除去  
カナ アクアポリン ノ ハツゲン ト チョウキュウソク トウケツ ニ ヨル シンケイ カンサイボウ ノ センベツ ト ザンソン ミブンカ iPS サイボウ ノ ジョキョ  
ローマ字 Akuaporin no hatsugen to chokyusoku toketsu ni yoru shinkei kansaibo no senbetsu to zanson mibunka iPS saibo no jokyo  
別タイトル
名前 Selection of differentiated neural stem cells from iPS cells and removal of undifferentiated cells by using ultra-quick freezing with aquaporin expression  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 安井, 正人  
カナ ヤスイ, マサト  
ローマ字 Yasui, Masato  
所属 慶應義塾大学・医学部・教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 90246637

名前 岡田, 洋平  
カナ オカダ, ヨウヘイ  
ローマ字 Okada, Yohei  
所属 愛知医科大学・医学部・准教授(特任)  
所属(翻訳)  
役割 Research team member  
外部リンク 科研費研究者番号 : 30383714

名前 加藤, 靖浩  
カナ カトウ, ヤスヒロ  
ローマ字 Kato, Yasuhiro  
所属 北京大学・医学部(天士力微循環研究センター)・室長  
所属(翻訳)  
役割 Research team member  
外部リンク 科研費研究者番号 : 40398780
Publisher  
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2016  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2015  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
 
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
アクアポリン4(AQP4)を発現した細胞は, 超急速凍結に対して耐性となる。今回我々は, iPS細胞からの分化誘導により, AQP4を発現している神経幹細胞を超急速凍結法で選別・濃縮すると同時に, 残存する未分化iPS細胞の除去について検討した。2つの異なるヒトiPS細胞株から神経幹細胞への分化誘導を試みたが, 有意なAQP4の発現誘導を導くことはできなかった。また, 超急速凍結で未分化細胞を除去し, AQP4発現細胞を若干濃縮することはできたが, マウスを用いた腫瘍化の有無を調べる実験では明らかの差を見出すことはできなかった。今後の臨床応用に向けて, さらなる詳細な条件検討が必要と思われた。
Based on the finding that membrane damage caused by ultra-quick freezing is rescued by the expression of AQP4, we proposed a novel cell-selection method using ultra-quick freezing combined with AQP expression. In this project, we examined if the residual undifferentiated cells can be removed during differentiation from iPS cells to neural stem cells by the ultra-quick freezing since AQP4 expression is induced in neural stem cells. As expected, AQP4 positive cells were slightly concentrated. However, there was no difference, before and after the ultra-quick freezing, in terms of tumor formation after transferring of the neural stem cells into mouse testis tissues. Further optimal conditioning of AQP4 expression is required in neural stem cells for clinical application.
 
目次

 
キーワード
アクアポリン4  

iPS細胞  

神経幹細胞  

ES細胞  
NDC
 
注記
研究種目 : 挑戦的萌芽研究
研究期間 : 2014~2015
課題番号 : 26670146
研究分野 : 薬理学
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
 
本文URI
 
アクセス条件

 
最終更新日
Dec 27, 2016 11:19:09  
作成日
Dec 27, 2016 11:19:09  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2015年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 記憶の社会学・序... (354) 1st
2位 ドイツのSNS対策... (350)
3位 越境するファシズ... (342)
4位 伊藤隆太君学位請... (337)
5位 性犯罪の保護法益... (323)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 アセトアニリドの... (415) 1st
2位 新参ファンと古参... (390)
3位 アイドル文化にお... (342)
4位 Instagram解析に... (338)
5位 ジャニーズのアイ... (311)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース