慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_26440180seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_26440180seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :2.6 MB
Last updated :Sep 21, 2017
Downloads : 321

Total downloads since Sep 21, 2017 : 321
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル プラナリア生殖様式転換機構の概年リズムを司る因子を探る  
カナ プラナリア セイショク ヨウシキ テンカン キコウ ノ ガイネン リズム オ ツカサドル インシ オ サグル  
ローマ字 Puranaria seishoku yoshiki tenkan kiko no gainen rizumu o tsukasadoru inshi o saguru  
別タイトル
名前 Environmental parameter on the circannual rhythm of reproductive strategy in planarian  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 松本, 緑  
カナ マツモト, ミドリ  
ローマ字 Matsumoto, Midori  
所属 慶應義塾大学・理工学部・准教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 00211574
 
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2017  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2016  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
プラナリアには季節変化に応じて, 無性生殖と有性生殖を転換する個体が存在する。本課題では生殖様式転換を誘起する環境因子を解明するために, 沖縄で1年を通して定期的に採集し, 実験室内の一定環境下で飼育したのちも生殖様式の転換が観察される系統(転換系統)を確立した。転換系統に対して, 夏期の無性生殖状態の転換系統個体に対して明期10時間, 暗期14時間, 15℃(低温)の冬条件で飼育したところ, 有性生殖に転換した。しかし, 転換系の性質は実験室環境下では3年以上は維持することができないことがわかった。本実験の継続させるためには, 恒常的に新たな転換系統を確立することが必要である。
There are races in planarian with switching of reproduction modes of between asexual and sexual, depending on the change of season. To identify the environmental parameter to induce the switching of reproduction modes, we collected Dugeisa ryukyuensis regularly in Okinawa through one year and established some strains, which switch between sexual mode and asexual mode under the constant environment in the laboratory (called as switching mode). The worms of the switching mode were asexual mode in summer. When their living condition had been changed from summer condition to winter condition (15 C in temperature and 10L14D in photoperiod), their reproduction modes were switched from asexual to sexual. Unfortunately, worms of switching modes could not maintained their characters during three years or more. Therefore, it is necessary to constantly established some new strains, which switch between sexual mode and asexual mode under the constant environment for this experiment.
 
目次

 
キーワード
プラナリア  

無性生殖  

有性生殖  

概年リズム  
NDC
 
注記
研究種目 : 基盤研究(C)(一般)
研究期間 : 2014~2016
課題番号 : 26440180
研究分野 : 生殖生物学
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Sep 21, 2017 15:41:02  
作成日
Sep 21, 2017 15:41:02  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2016年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 ミュージアムの思... (347) 1st
2位 ヴェルヌとルーセ... (299)
3位 アイドル文化にお... (281)
4位 英語の前置詞onと... (275)
5位 新自由主義に抗す... (270)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 軍事組織における... (893) 1st
2位 アルコール発酵の... (753)
3位 アセトアニリドの... (727)
4位 楽天とアマゾンの... (595)
5位 大義ある未来 : ... (506)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース