慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_26400148seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_26400148seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :183.4 KB
Last updated :Nov 12, 2018
Downloads : 229

Total downloads since Nov 12, 2018 : 229
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル ランダム作用素の固有値分布と関連する極限定理  
カナ ランダム サヨウソ ノ コユウチ ブンプ ト カンレンスル キョクゲン テイリ  
ローマ字 Randamu sayōso no koyūchi bunpu to kanrensuru kyokugen teiri  
別タイトル
名前 Distribution of eigenvalues of random operators and related limit theorems  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 南, 就将  
カナ ミナミ, ナリユキ  
ローマ字 Minami, Nariyuki  
所属 慶應義塾大学・医学部・教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 10183964

名前 中野, 史彦  
カナ ナカノ, フミヒコ  
ローマ字 Nakano, Fumihiko  
所属 学習院大学・理学部・教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team member  
外部リンク 科研費研究者番号 : 10291246

名前 上木, 直昌  
カナ ウエキ, ナオマサ  
ローマ字 Ueki, Naomasa  
所属 京都大学・人間・環境学研究科・教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team member  
外部リンク 科研費研究者番号 : 80211069
 
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2018  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2017  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
(1)減衰するホワイトノイズをポテンシャル項とする1次元のシュレーディンガー作用素Hについて, 減衰因子が2乗可積分である場合に, そのスペクトルの性質を決定した。また減衰因子が2乗可積分でない場合に, Hのスペクトルの1部についてその性質を決定した。
(2)成人男女の間に緩やかな棲み分けがあるという仮説を取り入れた数理モデルに基づいて2013年の我国には風疹流行の素地があったことを示した。また女子中学生のみに予防接種を行うというかつての政策を長期間続けた場合に想定される帰結を示した。
(3)感染症疫学における「世代間隔」の概念を明確にするための確率モデルを構成した。
(1) 1-dimensional Schroedinger operator H with decaying white noise potential is considered, and its spectral properties are determined when the decaying factor is square integrable. Also, the property of a part of the spectrum of H is determined when the decaying factor is not square integrable.
(2) Based on a mathematical model which incorporates a hypothesis that adult males and females are mildly segregated in their social life, it is shown that a condition is ready for the 2013 rubella outbreak in Japan. By another mathematical model, possible consequences of the rubella vaccination limited to schoolgirls were shown.
(3) A stochastic model is constructed in order to clarify the notion of "generation interval" in infectious disease epidemiology.
 
目次

 
キーワード
ランダム作用素  

スペクトル統計  

一般化シュレーディンガー作用素  

感染症数理モデル  

世代間隔  
NDC
 
注記
研究種目 : 基盤研究(C)(一般)
研究期間 : 2014~2017
課題番号 : 26400148
研究分野 : 確率論とその数理物理学および数理疫学への応用
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Nov 12, 2018 15:24:11  
作成日
Nov 12, 2018 15:24:11  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Nov 12, 2018    インデックス を変更
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2017年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 Japan's liv... (662) 1st
2位 人間疎外と実存思... (474)
3位 新自由主義に抗す... (436)
4位 宋元刊両唐書およ... (363)
5位 修学旅行とナショ... (347)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 Die Umwandlung d... (2522) 1st
2位 刑法における因果... (595)
3位 中和滴定と酸塩基... (542)
4位 性犯罪者の釈放と... (525)
5位 姿勢維持における... (518)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース