慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_26380570seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_26380570seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :85.1 KB
Last updated :Sep 21, 2017
Downloads : 389

Total downloads since Sep 21, 2017 : 389
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル 消費者のブランド無選好を形成する要因とその結果に関する実証研究  
カナ ショウヒシャ ノ ブランド ムセンコウ オ ケイセイスル ヨウイン ト ソノ ケッカ ニ カンスル ジッショウ ケンキュウ  
ローマ字 Shohisha no burando musenko o keiseisuru yoin to sono kekka ni kansuru jissho kenkyu  
別タイトル
名前 An empirical study of consumers' brand parity : antecedents and consequences  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 坂下, 玄哲  
カナ サカシタ, モトタカ  
ローマ字 Sakashita, Mototaka  
所属 慶應義塾大学・大学院経営管理研究科・准教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 00384157

名前 Viswanathan, Vijay  
カナ ビスワネイサン, ビージェイ  
ローマ字  
所属 ノースウエスタン大学・メディルスクール・IMC学科・准教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team member  
外部リンク  
 
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2017  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2016  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
本研究は, 消費者が特定製品カテゴリーに存在する異なる複数のブランドに対する選好をいずれも形成しないような状況(ブランド無選好)に注目し, それがいかなる要因によってもたらされ, かつ, 結果としてどのような効果を生むかについて, 特に消費者の認知構造という視点から理論的, かつ実証的に検討を加えることを目的として行われた。経験データの分析結果から, 特定ブランド情報を活発に閲覧する消費者ほど, 単一製品カテゴリーにおける主要なブランド間の類似性(ブランド・パリティー)を低く知覚すること, 結果として当該ブランドへの態度も高くなる可能性があることがわかった。
The purpose of this study is to investigate the antecedents and consequences of consumers' "no brand preference", which occurs when consumers do not hold any particular positive attitude towards all the major existing brands in a product category, by theoretically and empirically focusing on consumers' cognitive structure. Analyzing the behavioral and attitudinal data of actual consumers, it revealed that consumers searching for information about a particular brand tended to hold lower level of brand parity (perceived similarity among different brands in a product category), thus forming higher positive attitude towards the brand.
 
目次

 
キーワード
情報探索  

ブランド・パリティー  
NDC
 
注記
研究種目 : 基盤研究(C)(一般)
研究期間 : 2014~2016
課題番号 : 26380570
研究分野 : マーケティング, 消費者行動, ブランド・マネジメント
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Sep 21, 2017 15:41:01  
作成日
Sep 21, 2017 15:41:01  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2016年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 731部隊と細菌戦 ... (396) 1st
2位 Spatial animacy ... (375)
3位 文化資本概念の現... (374)
4位 新自由主義に抗す... (327)
5位 ガールクラッシュ... (303)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 アセトアニリドの... (707) 1st
2位 酢酸エステル類の... (672)
3位 インフルエンサー... (548)
4位 外国判決の承認に... (493)
5位 診療上の医師の注... (470)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース