慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_26350990seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_26350990seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :163.5 KB
Last updated :Sep 21, 2017
Downloads : 616

Total downloads since Sep 21, 2017 : 616
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル 記憶・推論に及ぼす内受容感覚の影響 : 認知神経科学・加齢研究からのアプローチ  
カナ キオク・スイロン ニ オヨボス ナイジュヨウ カンカク ノ エイキョウ : ニンチ シンケイ カガク・カレイ ケンキュウ カラ ノ アプローチ  
ローマ字 Kioku suiron ni oyobosu naijuyo kankaku no eikyo : ninchi shinkei kagaku karei kenkyu kara no apurochi  
別タイトル
名前 The effects of interoception on memory and reasoning ; studies in the field of cognitive neuroscience and aging  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 寺澤, 悠理  
カナ テラサワ, ユウリ  
ローマ字 Terasawa, Yuri  
所属 慶應義塾大学・文学部・助教  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 30585790
 
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2017  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2016  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
本研究では, 内受容感覚の鋭敏さ, 種々の認知機能のパフォーマンス, 感情認識能力, これらを支える神経基盤について検証し, 内受容感覚と認知機能の関連性を理解することを目指した。加齢に伴う認知機能と感情の変化に焦点を当て, この目的にアプローチした。50代から70代の参加者に対して, 内受容感覚の鋭敏さ, 表情認識能力, 注意機能, 記憶機能を測定する課題を実施した。さらに機能的MRIおよび頭部構造MRIを撮像し, 神経基盤との関連性も検討した。若年者と同様, 内受容感覚と感情との関連性が見いだされたが, ワーキングメモリ機能やエピソード記憶との間に明らかな関連性を見出すことはできなかった。
The research aimed to understand the relationship between interoceptive accuracy, cognitive functions, emotion recognition and neural mechanisms underlying these processing. We focused on age related changes in cognitive functions and emotion for this purpose. Participants from 50s to 70s were involved the research and completed some tasks regarding interoceptive accuracy, emotion recognition, attention and memory. Also, we took their functional and anatomical MRI and examined the association between behavioral performance and its neural mechanism. Though we found the association between interoception and emotion similar to younger population, clear associations between interoception and some cognitive functions, such as working memory or attention, were not observed.
 
目次

 
キーワード
内受容感覚  

感情  

認知機能  

脳損傷  

島皮質  

加齢  
NDC
 
注記
研究種目 : 基盤研究(C)(一般)
研究期間 : 2014~2016
課題番号 : 26350990
研究分野 : 認知神経科学
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Sep 21, 2017 15:41:01  
作成日
Sep 21, 2017 15:41:01  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2016年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 Human body pose ... (315) 1st
2位 新自由主義に抗す... (287)
3位 DAOの法的地位と... (278)
4位 「余白的コミュニ... (257)
5位 個人・組織両面で... (238)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 人と違っててもい... (3467) 1st
2位 なぜ神が存在する... (621)
3位 気象変化による片... (589)
4位 サイバーセキュリ... (493)
5位 中国古代の動物観... (314)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース